間違いメイクで損してませんか?”小顔に見せる”ちょいテク3つ

美容

顔が大きいと、スタイルが悪く見えたり、太って見えたりしてしまいがち。女性なら、誰もがシュッとした小顔に憧れるものです。

それがメイクで叶ったら、嬉しいですよね。ベースメイクでシェーディングやハイライトを駆使すれば、かなり小顔に作り込むことはできますが、手間がかかるのが難点。

そこで今回は、日々のメイクに手軽に取り入れられる、小顔に見せるメイクテクニックをご紹介します。

奥島 美帆
奥島 美帆
2021.05.17

メイクで小顔に見せる!ちょいテク①ファンデーション

色白肌を目指すため、ご自分の肌より少し明るめのファンデーションを選ぶこともあるかと思いますが、これは、小顔には逆効果。

明るい色は膨張してしまうため、顔が大きく見えてしまいます。小顔を狙うなら、肌と同じトーンのファンデーション、もしくは、少し暗めを選びましょう。

ファンデーションの塗り方も、小顔ポイントの一つ!
全体に、均一に塗ってしまうと、のっぺりと顔が大きく見える原因になります。

ファンデーションは、頬の中心にはしっかりと塗っても大丈夫ですが、そこから外側には、薄くなじませるだけでOK。

顔のキワを厚塗りしないことで、自然に全体のグラデーションができ、顔が締まって見えるのです。

メイクで小顔に見せる!ちょいテク②眉

小顔に見せたい場合の眉は、太め、そして平行ぎみがオススメです!

顔の縦のラインを分断することで、全体を小さく見せることができます。今流行りのナチュラル太眉も、小顔にしたい人には向いているのですね。

もう一つのポイントは、長さ!
眉尻は、少し長めに描くようにしましょう。顔の左右の余白部分が小さくなることで、小顔効果が得られます。

眉は、顔の印象を左右する大事なパーツ。1mm違うだけで劇的に印象が変わるので、小顔への効果も高いと言えます。

メイクで小顔に見せる!ちょいテク③アイメイク

顔の中で目の面積が大きくなると、全体の肌面積が少なくなり、顔が小さく見えます。

特に、目尻を伸ばしたアイラインを引くと、眉尻を伸ばすのと同様に、左右の余白が減るため、顔幅を小さく見せてくれます。

色は、ブラックなどのハッキリとしたものの方が、しっかり効果が出ます。小顔には、切れ長の大きな目を目指すといいですね♪

他にもポイントとして押さえたいのは、涙袋メイク!
目を大きく見せるメイクとして定番となっていますが、頬の縦の面積を減らしてくれるため、顔が短く、小さく見える効果もあるのです。

いかがでしたか?改めて見てみると、嬉しいことに小顔に見せるメイクのポイントは、トレンドメイクと上手くリンクしていますね♪いつものメイクに小技テクを取り入れて、流行りの顔も、小顔も手に入れちゃいましょう。

2021.05.17 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。