DIYでオリジナルを作ろう!子供用踏み台の作り方

インテリア

お子様が洗面所で手を洗ったり、キッチンでママのお手伝いをする時に役立つ踏み台(キッズステップ)。皆さんのお宅ではどんなものを使っていますか?

DIYをすれば、高さも大きさもお好みの踏み台を作ることができます。今回は、子供用踏み台の作り方をご紹介します。

【DIY】子供用踏み台の作り方!材料を揃え、カットしましょう

①材料
・SPF1×12 286×300ミリ 2枚【A】
・SPF1×2  38×298ミリ 4枚【B】
・SPF1×8  184×350ミリ 2枚【C】

・木ネジ
・お好みの塗料


②【A】の木をノコギリでカットします。(写真2参照)
 曲線部分は糸ノコを使ってカットします。糸ノコがない場合は曲線ではなく直線カットでできるデザインに変えてもいいでしょう。

③【C】の木はお好みで角を丸くカットします。(写真3参照)
 丸くカットしなくても、もちろんOKです。

【DIY】子供用踏み台の作り方!ヤスリをかけ、塗装しましょう

④全ての木材にヤスリをかけます。お子様が使うものなので、特に角は念入りにかけましょう。
 表面も、ヤスリをかけた方が塗料ののりが良くなります。

⑤ヤスリをかけ終わったら、お好みの塗料で塗装します。私は【A】と【B】は水性ペンキ『バターミルクペイント』の『コーナーカップボードイエローホワイト』という色で塗っています。水性ペンキを塗る時は、薄めに塗り、乾いてから2~3回重ね塗りすると綺麗に仕上がります。

⑥【C】の踏板は、水性ステインのウォルナットという色で塗りました。ステインは刷毛で塗った後、ウエスで拭き取ると良いですよ。

【DIY】子供用踏み台の作り方!組み立てましょう

⑦塗装が完全に乾いたら、いよいよ組み立てていきます。
 あらかじめ、下穴、ダボ穴を開けておいてから木ネジを留めると、組み立てやすいです。(ダボ穴は出来上がりの見た目を良くするために開けていますが、必ずしも開ける必要はありません。)

⑧【A】と【B】4本を木ネジで留めます。1か所に付き2本の木ネジでとめると良いでしょう。

⑨反対側の【A】もネジで留めます。ぐらつきがないか確認し、もしあるようなら、ぐらつく部分の木ネジを一度抜き、入れ直しましょう。

これで土台の完成です。

【DIY】子供用踏み台の作り方④踏板を取りつけましょう

⑩続いて【C】の踏板を留めていきます。下の段→上の段の順で取り付けると作業しやすいですよ。

⑪ダボ穴を開けた場合は、ダボ穴を埋めます。ダボ穴のサイズに合う丸棒を金槌で入れ、ダボ用のノコギリでカットし、軽くヤスリをかけます。ダボ穴の周辺に再度塗料を塗り、穴の跡を隠します。

(穴の部分だけを塗装すると、その部分ばかり濃くなってしまい見た目が良くないので、穴の周辺を全体的に塗ると良いでしょう。)

⑫側板も同様に、ダボ穴を埋め、再度塗装すれば完成です!

いかがでしたか?子供用踏み台(キッズステップ)の作り方をご紹介しました。

一見難しそうに見える踏み台も、構造が分かればとっても簡単に作ることができます。お子様の成長に合ったサイズで、ぜひDIYしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。