納豆のお椀は先?それとも後?時短できる「食器洗いのテクニック」

子育て・ライフスタイル

ご飯を作るたびに出る、洗い物。「料理は好きだけれど、食器洗いが面倒臭い……」と、つい後回しにしてしまいがちですよね。

時短でささっと食器洗いを済ませれば、いつもキッチンをきれいにキープすることができます。

今回は、簡単に時短ができる食器洗いのテクニックをご紹介します♪

食器洗いの時短テクニック①洗う前にお皿汚れを落としておく

油汚れがついたお皿は、洗う前にささっとキッチンペーパーなどで汚れを拭き取っておくと、食器洗いがとても簡単になります。

食卓で、家族が自分の分を拭き取る習慣をつければ、ママの手間も省けますね。

何よりも、食器洗い洗剤を使う量が少なくなるのも嬉しいところ。

「頑固な油汚れは、事前に拭き取る」が鉄則です!

食器洗いの時短テクニック②時短の基本「つけ置き洗い」

頑固な食器の汚れを落とすには、「つけ置き洗い」が有効です。

とはいえ、基本のルールを知らないと、かえって食器洗いが大変になってしまうことも……。つけ置き洗いで注意したいポイントをご紹介します。

▶︎ポイント①油で汚れた食器は入れない

まず最初に覚えておきたいのが、油汚れのついた食器はつけ置き洗いしないということ。

油汚れのついていない食器にまで、油の汚れが付いてしまい、余計な時間がかかってしまいます。

▶︎ポイント②あまり汚れていないものは入れない

ジュースを飲んだコップなど、ささっと洗えるものは、入れないほうがベター。つけ置きをする意味がないので、先に洗ってしまいましょう。

つけ置き洗いが有効なのは、ご飯がこびりついたお椀やお箸など。こびりついたものは、水でふやかしてあげると、するっと汚れが取れますよ!

食器洗いの時短テクニック③納豆汚れは一番最初に!

健康食として欠かせない納豆のパワーが、なんと食器洗いにも大活躍!

納豆のヌルヌルは、食器洗いの大敵と思いがちですが、実はこのヌルヌルには強力な分解パワーが潜んでいます。

合成界面活性剤の泡の持ちを良くしてくれる力もあるので、最初に納豆を食べたお椀を洗えば、その後の食器洗いが楽チンになります♡

食器洗いの時短テクニック④お米のとぎ汁やパスタの茹で汁を有効活用!

パスタをボイルした後の茹で汁や、お米のとぎ汁は、食器洗いの時短のために捨てないで!

例えば、パスタの茹で汁には、界面活性剤が多く含まれています。

そのため、パスタソースを作ったフライパンに、茹で汁を熱いうちにかければ、熱と茹で汁の力で汚れが落ちやすくなりますよ♪

お米のとぎ汁も、同様に汚れを落としやすくしてくれるので、捨てずにボウルなどに入れてとっておくといいですね。

食器洗いの時短テクニック⑤食器を洗った後は熱湯をかけて時短乾燥

お皿洗いの後に待っているのが、洗った食器をしまう作業。

しまう前にはお皿を拭いて……ともう一手間かかってしまいますが、お皿の乾燥を早くするには、お湯が有効なんです!

60度くらいの熱いお湯を、洗った食器を置いたカゴの上から直接かけるだけで、乾燥が早くなります。

洗った後にお湯をかけて、乾くまでにコンロ周りを拭き、掃除など他のことをしていれば、時間の節約にもなりますね♡

面倒な食器洗いも、上手に時短テクニックを使いこなせば、毎日の家事が楽になるかもしれませんね。

皆さんもぜひ、試してみてください♪