ママ達も交流できる♡学びがたくさんある《おやこ保育園》とは

子育て・ライフスタイル

《保育園》と言うと、ママから離れて保育をしてもらう場所のことを指しますが、保育園で子供がどんな風にして過ごしているかが気になったり、先生とももっとコミュニケーションをとりたいな、そんな風に考えているママだって多いはず!
最近、新しい発想の《おやこ保育園》が話題になっているんですよ。

ママ同士交流でき、学べる「おやこ保育園」①東京・巣鴨にある新発想の保育園

朝急いで子どもを保育園に預け、お仕事へ向かう。
そんな日常に慣れているとあまり感じないかもしれませんが、ママとしては、子どもがどんな風に保育園で過ごしているのか、保育園の先生はどんなふうに子どもに接し、どんなことを教えてくれているのか、等と言ったことが気になるはず☆

ならば、親子で通うことが出来る保育園を作ろう!
そんな思いでスタートした東京・巣鴨にある《おやこ保育園》が今話題になっているんです。

この《おやこ保育園》は、親子で登園し、一緒に時を過ごすという、今までの「保育園」とは全く発想が異なるもの。

保育園の一日の流れを、親子で共に過ごすという、従来の「保育園」とも「習い事」とも少し違った、今までなかった形の場所なんです!

ママ同士交流でき、学べる「おやこ保育園」② 対象は 0〜2歳の子どもとその親!

核家族が増える現代、「ちゃんと子育てが出来ているのだろうか」と、自分の子育てに自信を持てずにいるママも多いのではないでしょうか。
ネットなどでも育児情報があふれているのは、イイコトの反面、ますます自信を損失してしまうなんて言う事もありますよね。

それならば、実際に「教育の場」で、一緒に体感するのが手っ取り早いんです♪

子育てに関する知識を学んだり、子どもの遊びも実際に一緒になって体験できる《おやこ保育園》に参加できるは、0〜2歳の子どもとその親。

既存の認可保育園や認可外保育園などとは全く異なるこの《おやこ保育園》は、1期が3〜5か月で、全9回のプログラムになっています。

ママ同士交流でき、学べる「おやこ保育園」③ 学んで遊べる

保育園に通う子供の成長はめまぐるしいもの。
その子供の成長をともに見守ることが出来るのが《おやこ保育園》の魅力!

ここでは、様々な子どもの「学び」や「遊び」を私たちママも勉強することが出来るんです。

午前と午後でプログラム内容が分かれるのですが、午前は「子ども」が主役の時間を過ごします。
ここでは、子どもが集中している時は見守るのがルール☆
子どもの遊びにしっかりとお付き合いするのがポイントになってくるんです。

8つに分かれたカリキュラム(1.じかん 2.かたち 3.おと 4.いろ 5.ひかり 6.からだ 7.いきもの 8.ぶんか)で構成されていて、その日によって様々な学びや遊びを体験できるんですよ。

ママ同士交流でき、学べる「おやこ保育園」④ ママ友作りにも最適♡

地域での行事に参加をしても、なかなかママ友が出来ない……。
子どもが小さいうちはそんなにすぐにママ友が出来なくてもあせる必要はないのですが、子どもにも自分にもお友だちがいたほうがイイ!そう思う人は多いはず。

この《おやこ保育園》では、ママ同士が交流できるのも大きな魅力の一つなんです♡

お教室の午後のプログラムは、「おとな」が主役の時間も設けられています。
この時間で、ママ同士近況報告をしたり、子育てについて話し合うことができます。

同じ《おやこ保育園》に通わせているママ同士であれば、教育に関する考え方がどこか似ていたりと、自然と仲良くなれることも。お友だちができると、毎回通うのも楽しみになりますよね。

おやこ保育園 HP

職場復帰のための保育園、という事とは、少し違った意味合いの《おやこ保育園》。
どんなふうに子育てをしたらよいか悩んでいるママや、お友だちをたくさん作ってお家の外でたくさん遊ばせたいお子さんにぴったりの教室ですよね♡