実は皮まで食べるべき!?「スイカ」はアンチエイジングの王様♡

美容

冷たくして食べると甘くておいしい、夏によく食べる“スイカ”。

実は、アンチエイジングにも嬉しい美容成分がたっぷりの野菜であることをご存知でしょうか。

今回は、スイカの美容成分を余すことなく取り入れる方法をご紹介します!

あなたはどれくらい知ってる?スイカに含まれる美容成分♡

甘くておいしい夏の風物詩と言えば、やっぱりスイカ♡
食後のデザートには欠かせない!という方も多いのではないでしょうか。

スイカは、ただ水分量が多くておいしいだけの野菜ではないことを、ぜひ知っておいてください!実はスイカには、数々の美容成分が含まれているのです。

✔︎リコピン

リコピンと言えば、トマトに多く含まれていることで有名な美容成分。主にアンチエイジングに効果のある成分と言われています。

スイカには、このリコピンがなんとトマトの約1.4倍も含まれているんだそうですよ。

✔︎βカロテン

ニンジンなどに含まれているβカロテンですが、スイカにもたっぷりとこの成分が含まれています。

βカロテンは、ビタミンAとして体内で働くので、肌が老化してしまう現象を防ぐ効果が期待できますよ。

✔︎カリウム

カリウムは、体内の水分量を調整するのに重要な役割をもたらしてくれる成分。夏の体に起こりがちな浮腫みも、カリウムを摂取することで解消できると言われています。

✔︎シトルリン

あまり聞きなれない名前ですが、このシトルリンは「奇跡の美容成分」とも呼ばれるほどのスーパー美容成分♡

なんとシトルリンは、血管を若返らせたり、血流をよくしてくれる効果が期待できる成分なのです。

これぞまさにアンチエイジング!積極的に体内に取り入れたい成分ですよね。

さらに綺麗になれるスイカの食べ方

普段は冷やしてそのまま食べたり、お塩を付けて食べる程度のスイカですが、せっかくこんなにたくさんの美容成分が配合されているのであれば、有効活用したいなと思いますよね♡

食べ方に少し工夫をすれば、スイカの美容成分をもっと体内に吸収することができますよ。

まずは、キレイになれるスイカの選び方を知っておきましょう。

スイカには、赤色と黄色の2種類がありますが、綺麗になりたい方は赤色を選ぶのが正解!その理由は、リコピンにあります。

リコピンは、赤い色をした野菜に多く含まれる成分。ゆえに、黄色いスイカにはほとんど含まれていないのです。

次は、綺麗になれるスイカの食べ方です。

実はスイカは、皮まで食べたほうが美容成分をたっぷりと吸収することができます。スイカの皮には、先ほどご紹介した「シトルリン」がたくさん含まれています。

薄く切ってキュウリのように活用すれば、スイカの皮だって美味しくいただくことができますよ。

美容に効く!今すぐ試したい「スイカ」レシピ① 種ごとスイカのスムージー

引用:www.recipe-blog.jp

スイカは実と皮だけではなく、種にも栄養がたくさん♡

でも、種をそのまま食べるのは、少々無理がありますよね。そんな時は、スムージーにしてしまうのがオススメ!

ツブツブとした舌触りが癖になる、美味しいスムージーが完成しますよ。

レシピはこちら♪

美容に効く!今すぐ試したい「スイカ」レシピ② トマトと合わせてリコピンたっぷりのガスパチョ

引用:www.recipe-blog.jp

リコピンをたっぷり含んだスイカとトマトを合わせることで、更なる美容効果が期待できるのが、こちらのレシピです。

トマトとの掛け合わせだけではなく、オリーブオイルを一緒に使用するというのも、このレシピの美容性が高いポイント♡

美肌を目指している方は、必見ですよ!

レシピはこちら♪

美容に効く!今すぐ試したい「スイカ」レシピ③ スイカの皮の中華風漬けもの

引用:www.recipe-blog.jp

「スイカの皮にシトルリンがたくさん含まれているとは言っても、どうやって調理すればいいの?」と思う方も多いはず。

そんな方にオススメしたいのが、中華風の味付けのお漬物です。

このように調理すると、本当にキュウリみたいですよ♡

レシピはこちら♪

美容に効く!今すぐ試したい「スイカ」レシピ④ ゴーヤとスイカの皮のオイスターチャンプルー

引用:www.recipe-blog.jp

スイカの皮は、ゴーヤと合わせてチャンプルーにするのもオススメ!

食感の相性がよく、抵抗なく食べることができますよ♪

レシピはこちら♪

いかがでしたか?こんなにたくさんの美容成分が含まれているのであれば、スイカを食べない手はありませんよね!

この夏は、皮や種までも余すところなく食べてしまいましょう♡