4つのポイントでO脚改善!プロ指導の美脚に近づくO脚矯正レッスン

美容

はじめまして。 Model walking instructorのKiyomiと申します。主に、プロダクション所属のモデルさんへ向けたウォーキングレッスンを担当しています。18年の間にモデルの指導を通して得た情報をご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

素敵なモデルの条件として、皆さんは何を思い浮かべますか?現役モデルの頃、私はウォーキングの先生から「膝が付かない人はモデルではない。 美脚はモデルとしての最低限の条件!」と言われてきました。この教えを受け継いでレッスンを開催していますが、これまで指導したモデルさんの中には、O脚が悩みという方が多くいらっしゃいました。

しかし、レッスンを重ねるにつれてほとんどの方がO脚を改善され、美脚の持ち主として活躍されています。今回はレッスンを通して得た、O脚の方に見られる傾向と改善策をご紹介させていただきます。

《美脚に近づくO脚矯正レッスン》O脚矯正のための立ち方とは?

O脚の方は「真っ直ぐに立ってみてください。」と声をかけた際、脚の小指側に重心を乗せている傾向が見受けられます。

①脚を真っ直ぐに伸ばす
②カカトから床に着く
③土踏まずを通る
④拇指球(親指の付け根辺り)に重心を乗せる
以上が通常の歩き方での重心の動きですが、O脚の方は、歩く時も小指側に重心を乗せてしまいがちなのです。

小指側に重心を乗せているかどうかは、ヒールのソールの減り方を見れば一目瞭然です。小指に重心を乗せる癖がある方は、小指側の減りが多くなります。

O脚の方はハイヒールを履いただけで、立った時のバランスが不安定になる上、歩く際は更に小指側に重心をかけることになります。O脚にお困りのモデルさんのソールは、見事に小指側が減り傾いている状態がほとんどでした。

まずはソールの減りを感じたらすぐに交換し、拇指球に重心を置くことを意識してみましょう。

《美脚に近づくO脚矯正レッスン》O脚の方は骨盤が開いている?

次に、O脚の方は普段から骨盤が開いている傾向が見受けられます。小指側に重心を置いていると脚の外側に力が働くため、内転筋が使われず、自然に骨盤は開きやすくなります。

解決策として、骨盤周りの筋肉を鍛えることが最も大切ですが、骨盤ベルト等で固定することも手っ取り早く大きな効果が得ることが出来ます。

私は家で家事をする際、バスタオルを帯の様にたたみ、グルグル巻いて代用しています。お腹も温まる上、費用もかかりませんよ!

ただし、動きのある日中のみ"締める事"に意識を置くことをオススメしています。骨盤については、多くの方がダイエット効果を理解していると思いますが、骨盤を常に締めれば良いと言うわけではありません。

リラックスしている際は自然と開くものなので、リラックスしている時まで骨盤を締める必要はない、と私は感じています。副交感神経の作用も美にとっては必要不可欠です。

《美脚に近づくO脚矯正レッスン》お腹を引き上げよう!

私はレッスン時、「キツいデニムを履くときのように、お腹を引き上げて!」と指導しています。お腹を引き上げると、ウエストは実際に細くなりますよね?

バレリーナがトーシューズで踊れるのは、この"お腹の引き上げ"がきちんと出来ているから。体重があまり脚に乗っていないのです。

ハイヒールで颯爽と歩くには、バレリーナ同様、脚に体重を乗せ過ぎない事が大切です。
お腹の引き上げが出来ていないと、一歩を踏み出す足も綺麗にまっすぐ伸びません。O脚の方は、一歩を踏み出す時、膝裏がしっかり伸びていないことが多いのです。

また、お腹を引き上げることにより背筋も伸びるため、背中も綺麗に見えますよ!
ヨガ等では、おへその下の"丹田"に力を入れると言いますが、お腹を引き上げることは、呼吸を整える上でも大きな効果があるそうです。

良いことだらけの"お腹の引き上げ"、立っている時だけではなく、座っている時も意識してみてください。

《美脚に近づくO脚矯正レッスン》肩甲骨を下げる!

私は正しい姿勢を指導する際、「横から見た時に、耳と肩先は同じ位置」と表現していますが、この時、O脚の方は肩が前に来ている傾向にあります。

その場合、肩を前から後ろに回してみると肩甲骨が下がり、肩の位置は正常に戻ります。「胸を張る」と言う状態ですね。

肩甲骨を下げ「胸を張る」姿勢を長く保とうとすると、自然にお腹だけではなくお尻にもグッと力が入るはずです。

実はこのお尻に力を入れることが、大変重要なポイントになります。お尻に力を入れると、左右の内モモが更にくっついて内転筋に作用します。そうすると、自然にひざの隙間も縮まるというわけです!

O脚の方は膝に目や意識が向いてしまいがちですが、肩甲骨を下げて胸を張ることを今日から意識してみましょう。

皆さん、いかがでしたか?O脚でお悩みの方へ向けて、傾向と矯正のためのポイントをご紹介させていただきました。

ご紹介した4つのポイントは、いずれも普段の生活に取り入れられるものばかりです。正しい姿勢を保つよう意識するだけで良いので、とっても簡単ですよね。O脚の悩みとサヨナラして美脚に近づくはじめの一歩を、今日から踏み出しましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。