トッピングするだけでお洒落♡ドライトマトの作り方とオススメレシピ

グルメ・レシピ

食卓にあるだけでグッとオシャレになる「ドライトマト」。
でも市販品はお値段も高くて、調理もなかなか難しいですよね。
そこで今回は、そんなドライトマトを自宅で簡単に作れるオススメレシピをご紹介します♡

ドライトマトの作り方とオススメレシピ①ドライトマトは自宅で作れる?!

出典:www.sakataseed.co.jp

パンに混ぜたりバケットに塗ったり、おつまみで食べても美味しいドライトマト。
食卓にドライトマトが登場するだけで、なんだかオシャレでお料理上手なイメージになりますよね♡

実は、ドライトマトはスーパーで買うと、なかなかのお値段がします。さらには保存用に作られているので、食感が固くて、調理法も難しいんです。

でもそんなドライトマト、実はご自宅でも簡単に作れるってご存知ですか?

ドライトマトの作り方とオススメレシピ②作り方☆

それでは、ドライトマトの作り方をご紹介します。

まずはプチトマトを縦半分に切り、クッキングシートを敷いた天板に並べていきます。このときは、カットした表面を上にして並べるのがポイントです。そして、そこに軽く塩を振り、120度のオーブンで60分焼いていきます。

焼きあがって粗熱を取ったら、瓶に詰めてオリーブオイルを注ぎましょう。お好みで粉末バジルやパセリを加えても◎です。

ドライトマトの作り方とオススメレシピ③そのまま使う

出典:item.rakuten.co.jp

ドライトマトはたくさん作って常備しておけば、急な来客時にも慌てることなくおもてなし料理として使うことができます。

例えば、バケットやクラッカーにのせてブルスケッタにしたり、チーズと合わせてセミドライカプレーゼにしたりするのも◎

また、サラダのトッピングに使えば、いつものサラダがグッとおもてなし仕様になって、素敵に仕上がります♪

ドライトマトの作り方とオススメレシピ④ソテーして使う

ドライトマトは、加熱しても美味しくいただくことができます♡

例えば、ホタテや牡蠣などの貝類や、白身魚のソテーに加えると、程よい酸味と甘味でグッと旨味が引き立ちます。お肉料理のトッピングソースとしても◎

どの場合も、素材に火が通ったあとにドライトマトを加え、さっと混ぜ合わせるくらいでOKです。あまり加熱時間が長いとトマトがドロドロになってしまうので、気をつけてくださいね。

いかがでしたでしょうか?
トッピングするだけでオシャレなドライトマトの作り方と、オススメレシピをご紹介しました♡
ぜひおもてなし料理の参考にしてみてくださいね。