目指せ料亭の味♡手軽で美味しい和風だしの作り方♪

グルメ・レシピ

料理の基本でもある「和風だし」。
面倒だからと市販の粉末ばかり使ってはいませんか?
美味しいだしを使うだけで、和食はひと味もふた味も美味しさがUPします♪
是非この機会に、粉末だしから卒業してみませんか?

基本をおさらい!美味しい「一番だし」の取り方♪

外ではおしゃれなイタリアンや中華も良いけれど、やっぱりお家ではほっこり和食が食べたい。
そんな毎日の食卓に欠かせないのが「和風だし」です♡
でも、いちいちだしをとるのは面倒だったり、粉末でも十分と思ってはいませんか?

手間がかかって難しいイメージをもたれがちな「だし」の取り方も、覚えてしまえばとっても簡単!

まずはどんなお料理にも合う、とっても万能な一番だしの取り方をご紹介します♡

[材料]
昆布 1枚
削り節 40g
水 900ml

[作り方]
1.鍋に昆布を入れて弱火でじっくり煮立てる
2.湯が煮立ちきる前に昆布を引き上げ、沸騰したら削り節を加えて火を止める
3.5分ほどおき、ボウルにざるをのせて静かにこす。

こした削り節をしぼるとだしが濁ってしまうので、汁気は自然にきるのがポイントです♪

たったの3分で出来る!スピード和風だし♪

寝坊した朝や疲れて帰宅した夜は、だしをとる時間も気力もない!

そんな時にオススメしたいのがスピード和風だし。
たったの3分で、簡易和風だしが出来ちゃいます♪

まずはボウルとざるを重ね、かつおぶしをいれます。
そこに熱湯を注ぎ、ざるでこしてください。
たったこれだけで、簡単に簡易和風だしがとれます♪

これなら時間もかからないので、忙しい朝や疲れて帰宅した後のお夜食でも、手軽に美味しい和食が頂けますね。

また、市販の鶏ガラスープやコンソメスープの素にはネギや生姜などの香味野菜を刻んだものや、ブラックペッパーなどのスパイス類を加えると格段に美味しくなります。

時間のない時は手間を省いたり、市販の素を上手に使うことが賢いお料理への第一歩!
是非試してみてください♡

月2回で毎日使える!和風だしの美味しい保存方法♪

のんびりお料理出来る週末はだしをとれるけれど、どうしても平日は粉末だしに頼ってしまいがち。そんな方も多いのではないでしょうか。
時間と手間を考えると、毎日だしをとるのは大変ですね。

そんな方に朗報♡
実はだしは保存が効くことを知っていましたか?

週末作った一番だしに、塩を少々加えてみてください。
これだけで簡単に風味や美味しさがキープされます♪

保存期間は冷蔵で3、4日。
よく冷まし、匂いがつかないよう密閉容器に入れて冷蔵庫で保存してください。

冷凍保存する場合は、製氷皿などで小分けにして冷凍すると少量ずつ使えてとっても便利!
冷凍すれば2週間はもつので、月に2回多めに作って保存しておけば、毎日美味しいおだしが手軽に頂けます♪

だしの使い分けで、目指せ料亭の味♡

出典:erecipe.woman.excite.co.jp

美味しいおだしが作れるようになったら、お料理によって使い分け、もうワンランクアップした食卓を目指しましょう!

使い分けるポイントはとっても簡単♡

☆植物系のおだしは動物系の素材を使うお料理に。
☆動物系のおだしは植物系の素材を使うお料理に。

異なる2つの素材を掛け合わせると、より深い旨味とコクが感じられます♪

例えば昆布だしは植物系なので、「魚の煮付け」や「豚汁」、「しゃぶしゃぶ」等、魚やお肉など動物系の素材を使うお料理に。

反対にかつおだしは動物系なので、「根菜の煮物」や「だし巻き卵」、「うどん」等、野菜や卵など植物系の素材を使うお料理がオススメ♪

少し意識するだけで旨味が格段にUPし、料亭の味に近づくはず!

ちょっと一手間だしを変えるだけで、いつものお料理が何倍も美味しくなります♡
きっと大切なひとにも「料理の腕あげたね!」と言われるはず!
是非今日から、美味しい一番だしを作ってみてはいかがでしょうか♪