30代半ばから気になるくすみ…ツヤ肌メイクに欠かせない4原則って?

30代の半ば頃から、肌のくすみが気になりだした……という方は多いのではないでしょうか。

下地やファンデの厚塗りでカバーしている……という方は、必見です。

実年齢よりも若く見える、「ツヤ肌メイク」の秘訣をご紹介していきます♡

ツヤ肌メイクに欠かせない4原則①ベースはピンク系でトーンアップ♡

30代、40代になると突然気になってくるのが、肌のくすみ。

本来の肌の色よりも少し綺麗に見えるよう、ベースメイクはトーンを上げると良いでしょう!

20代の頃以上に、細やかなケアが必要になります。

マットなものよりも少しツヤ感のあるものを選ぶと、華やいだ印象になりますが、パール入りは避けましょう。毛穴やシワを目立たせてしまう場合があるからです。

一番のおすすめは、ピンク系。くすみを隠してトーンアップさせてくれる効果があります♡

ツヤ肌メイクに欠かせない4原則②クマはオレンジ系コンシーラー♡

白い下地をつけると、そこだけ灰色っぽい色になったり、汚く見えてしまったことはありませんか?

白く色が残るクリーム系の下地をつけることは、逆にクマを目立たせてしまうのです。

目の下のクマには白系ではなく、オレンジ系のコンシーラーかコントロールカラーを使います。

くすみが気になりだす30代は、のびやかで肌全体のトーンが上がって見えるコンシーラーにお金をかけるのがおすすめです♪

ツヤ肌メイクに欠かせない4原則③ファンデは白すぎないものをセレクト♪

色白の方が良いからといって、白めのファンデを選ぶ方が多いですが、基本的に首の色よりも白いファンデーションは、老けて見えます。

ファンデは、使う色や塗り方を間違えると、逆効果。

透明感があって、首の色と大きな差がないものを選ぶと良いでしょう。

厚塗りのしすぎも、老けて見えるので要注意。

コンシーラーやコントロールカラー、下地でしっかりカバーしておけば、ファンデは薄塗りで大丈夫です。

どうしても不安なら、肌の状態に合わせて、ファンデに乳液やオイル、美容液を混ぜるとツヤ肌感がアップするので、試してみてくださいね♡

ツヤ肌メイクに欠かせない4原則④アイブロウに取り入れたいのは「赤」♡

20代の頃よりも、落ち着いたトーンの髪の方が一気に増えるアラサー・アラフォー。

でも髪色に合わせてアイブロウを選ぶと、顔がくすんで見えるので、要注意。

垢抜けてみえて、おすすめなのが、アイブロウに赤を取り入れる技。

肌の白さが強調され、透明感があるように見えますよ。

いつも通りに眉を描いたら、赤いシャドウをブラシにとって、ふんわり色づけするだけです。

顔全体のイメージを左右するアイブロウで、抜け感を与えて、ツヤ肌メイクを目指しましょう!
30代の半ば頃から「気になる!」という方が多い、肌のくすみ。

下地やファンデの厚塗りでカバーすると余計老けて見えるので、ちょっとしたコツを覚えてツヤ感をアップさせてあげましょう。

「ツヤ肌メイク」のコツがわかれば、実年齢よりも若く見えると褒めてもらえそうですね♡

30代 ツヤ肌 メイク

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる