古風?いえいえ!武家の時代から続く人気の男の子の名付け「郎」の字

子育て・ライフスタイル

前回は、女の子の名付けについて、いつの時代も上品でかわいらしい『子がつく名前』をご紹介しました。

今回は、代表的な男の子の『太郎、一郎、二郎(次郎)がつく名前』について、ご紹介したいと思います。

【男の子の名付け】太郎、一郎、二郎(次郎)① 武家、公家の時代から使われていた

武家、公家の時代の男の子は、成長する過程で、幼名、藩主名などというように、何度も名前が変わったり、増えたりする機会が多くありました。

その中のひとつとして、漢字の『郎』(漢字辞典より男子の美称)がつく名は、通称(=呼び名)として、男の子特有の名前に用いられてきました。

その通称は"名乗り"(=男の子が元服する際に、幼名や通称に代えてつける名前)とは別のもの。つまり、当時の男の子はたくさんの名前を持っていたんですね。

例として、戦国武将・真田幸村で知られる彼の本当の名前は、

真田 源次郎 信繁

源次郎が"通称名"(真田家の次男ということが分かります)、信繁が"名乗り"となります。

【男の子の名付け】太郎、一郎、二郎(次郎)② 時代にとらわれない良さ

特別なことがない限り、名前を生涯一貫して使うようになった現代でも、『郎』がつく名は男の子に付けるものとして使われています。

この名付けはいつの時代も好印象で、男の子らしいネーミングとして人気ですね。

成長して大人になっても違和感がなく、とてもおすすめです。

○太郎、△次郎というように、上につける漢字は、姓の画数が多ければ少なくしたり、バランスの良い形や漢字を選ぶと、さらに良い名付けに繋がります。

もちろん、『郎』が付かない名付けでも良いものはたくさんありますが、代表的な名付けパターンのひとつとして、参考にされてみてくださいね。

男の子の名付けにおすすめの漢字「郎」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

次回は、男の子におすすめの運気の良い漢字をご紹介いたします。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。