いつまでもおっぱいにしがみつくのは母乳が出ていないから?

子育て・ライフスタイル

ちょっと理系な育児のsumireです。

前回は、授乳間隔が空かないことをテーマに取り上げましたが、今回は「授乳にかかる時間」に注目してみたいと思います。

Q.栄養が足りているか、不安です……

5ヶ月の息子のママです。

出産した病院で「1回の授乳では、左右のおっぱいを10分ずつあげましょう」と指導されました。

それから毎回、左右10分ずつあげているのですが、終わって口を離すと、泣いてしまうことがあります。

もしかして、あまり母乳が出ていないのかな?と不安になってしまいます。

まだ離乳食を初めていないので、栄養が足りているか心配です。

A.母乳の飲み方は一定にならない

授乳にかかる時間は、赤ちゃんとおっぱいの相互作用で決まります。

たとえば、母乳が出てくるスピードは1日の中でも毎回違いますし、お母さんによっても違います。また、出産直後か母乳育児が軌道に乗った後かでも違うのです。

赤ちゃんが必要とする母乳量も、赤ちゃんによって、1日の中で授乳のたびに毎回変わりますし、その日によっても変わるのです。

赤ちゃんが口を離すまで飲ませてOK!

「1回の授乳は〇分がベストで、それで満足しなければ母乳不足」という目安が、いかに現実離れしているかが、なんとなく分かっていただけたのではないでしょうか。

1日の中で、赤ちゃんによって、そして時期によっても、授乳にかかる時間はバラバラになるのが、自然なことなのですね。

さらに母乳は、授乳開始直後に比べて、授乳が終わるころにかけて、カロリー密度がどんどん高くなっていきます。

いわゆる「授乳の延長戦」は、飲み始めに比べたら量は少なくても、赤ちゃんにとっては重要な栄養源になるのです。

せっかく堪能していたところなら、途中で口を外されると嫌がって泣くのも当然かもしれませんね。

今回質問をくださったママのように、赤ちゃんに授乳するときには左右のおっぱいを5分ずつ、10分ずつなど、交互に飲ませるように指導されたお母さんも多いのではないでしょうか。

それで満足しなかった場合、母乳が足りないのかな?と悩んでしまいますよね。

本来は、時計を見ながら左右交互に授乳するのではなく、赤ちゃんが欲しがるだけ長く、片方ずつ授乳することが理にかなっているのです。

そうは言っても、授乳が長すぎて辛い場合はどうすれば良いのでしょうか。次回のテーマで取り上げてみたいと思います。お楽しみに!