どれくらい着せてる?子どもの寝相が悪い理由とは《冬の寝冷え対策》

どれくらい着せてる?子どもの寝相が悪い理由とは《冬の寝冷え対策》

冬場に子どもの寝相が悪くて、寝冷えを心配したことはありませんか?

就寝時、子どもにどれくらい厚着させるか迷うこともあると思います。

そこで今回は、寝相が悪い原因や対策について、ご紹介していきます♪

寝冷えが心配……子どもの冬の睡眠対策
①寝相が悪いのはなぜ?

布団からはみ出たり、ベッドから落ちたりと、子どもの寝相の悪さに悩むママは多いと思います。

冬は特に、風邪を引かないかと、ハラハラしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子どもの寝相が悪いのは、暑かったり、眠りが深いからだったりと言われています。

基礎代謝が高い子どもは、手足を布団から出し、寝ている間に動き回ることで、体温を下げて、心地良い眠りを求めているのだとか。

また、大人とノンレム睡眠・レム睡眠のバランスが少し異なり、眠りの深い時間が長いようです。

寝冷えが心配……子どもの冬の睡眠対策
②布団からはみ出てて良いの?

布団から手足が出ていたり、動きすぎて手足や肩が出ている子どもが多いですが、よく眠れているようであれば、無理にかけなくてOKです。

基礎代謝量が多く、体温も高いので、そんなに簡単に風邪をひくことはありません。

親が必要以上に布団をかけようとすると、はいだり、暑すぎて起きてしまうケースも多いので、注意しましょう。

どうしても気になる場合は、スリーパーや腹巻をつけてあげると良いですね!

スリーパーがあれば、肩は冷えませんし、腹巻があれば、お腹周りが冷えないので、安心ですよ。

寝冷えが心配……子どもの冬の睡眠対策
③パジャマ選びも大切!

子どもの冬パジャマの素材について、気にかけたことはありますか?

冬場でも、寝ている間にたくさんの汗を放出するので、パジャマの素材選びは大切です。

肌がかぶれやすい子どもには、厚手のポリエステル製などは刺激が強いことも……。

暖かさも大事ですが、直接素肌に触れるものなので、通気性と吸汗性が高い肌着やパジャマがおすすめです。

寝冷えが心配……子どもの冬の睡眠対策
④シーツにもこだわろう

大人用のボア製の枕やシーツを使っていませんか?

子どもは、大人よりも発汗量が多いので、パジャマだけでなく、寝具も通気性と吸汗性重視のものを選びましょう。

体温調節しやすいので、オールシーズン綿素材!というご家庭も、多いようです。

子どもが布団をどうしてもはいでしまって、困っているという方は、寝具も見直してみてはいかがでしょうか。

寝冷えが心配……子どもの冬の睡眠対策
⑤暖房はつけすぎない

就寝中は暖房を切る方が多いと思いますが、就寝直前まで部屋を暖めているという方は案外多いと思います。

でも、就寝時に部屋が暖かすぎると、逆に寝つきが悪くなったり、体温調節がうまくいかず、夜中に汗をかきすぎることも……。

よって、湯船で十分に体を温めて、湯冷めしないうちに寝るのがおすすめです♪
冬の子どもの寝冷え対策や寝相の悪さの原因などについて、ご紹介しました。

心配して布団をかけすぎるよりも、体温調節が上手にできるよう、環境を整えてあげたいですね!

子ども 寝冷え 寝相 悪い 対策

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

西条レイナ

ファッション&美容が大好きな、アラサーママです♡

>もっとみる