汗のニオイを抑えたい!柔軟剤の良い香りを長持ちさせる洗濯のコツ♡

美容

汗をたくさんかく季節は、洗濯物にも工夫が必要!

汗のニオイを残さず、柔軟剤の良い香りだけを上手に残したいですよね♡

実は、日々の洗濯をほんの少し工夫するだけで、その願いを叶えることができるんですよ!

柔軟剤の良い香りを長持ちさせる洗濯のコツ① 「脱水の時間を短めに」

「汗のニオイや汚れをしっかり落とすために!」と意気込んで、脱水時間を長めにしていませんか?

脱水時間が長くなってしまうと、せっかくの柔軟剤の良い香りが飛びやすくなってしまいます。

柔軟剤の香りを残したいのであれば、脱水時間は短めに設定するのが◎

だいたい2分程度でOKですよ♡

柔軟剤の良い香りを長持ちさせる洗濯のコツ② 「洗剤はしっかりと落とす」

柔軟剤の香りは、洗剤を使った洗濯が完了したのちに初めて吸収されるものです。

つまり、洗剤をしっかりと落としておかないと、柔軟剤の香りが入っていかないということ。

柔軟剤の香りを重視するのであれば、しっかりと洗剤を落としておきましょう。

柔軟剤の良い香りを長持ちさせる洗濯のコツ③ 「できれば部屋干しがgood」

晴れた日には、外に干してカラッと洗濯物を乾かしたいですよね。

しかし、外の日差しや風などで、柔軟剤の香りが飛びやすいというのも事実です。

外干しでカラッと乾かしたいものと、柔軟剤の香りを残したいものに分け、部屋干しという選択肢を選ぶのも一つの方法です。

柔軟剤の良い香りを長持ちさせる洗濯のコツ④ 「柔軟剤を衣類に直接スプレー」

いろいろ対策をしても、どうしても時間が経つと柔軟剤の香りは消えてしまいます。

汗が気になる今の季節だからこそ、できるだけ長く柔軟剤の良い香りをキープしておきたいですよね。

そんな時には、柔軟剤をそのまま直接スプレーしてしまう方法がオススメです♡

ここで注意したいのが、スプレーをする際には柔軟剤を希釈するということ。そのままではドロっとした質感でスプレーしづらいだけではなく、洋服にシミができてしまう可能性もあるので要注意!

水500mlに対して、15~25mlの柔軟剤を入れて希釈しましょう。

これをスプレーすれば、良い香りがするだけではなく、静電気を防止してくれる効果も期待できますよ♪

いかがでしたか?普段の生活の中でも、ほんの少し気を付けるだけで柔軟剤の香りをキープすることができるんです♡

汗をかきやすい季節は、どうしてもニオイが気になるもの。これからは柔軟剤の香りを上手に使って、ニオイを気にせず過ごしたいですね。