ぐっすり眠りたい人必読♡お風呂の入浴剤&入浴法

美容

体も心も疲れているのになぜだか眠れない時ってありますよね。
そんな時は安眠効果のある入浴剤を使用してリラックスするのがオススメです!
今回は、ドラッグストアなどで市販されている入浴剤の中で、特に安眠効果が高いとされている商品と利用方法をご紹介します。

お風呂の入浴剤&入浴法①まずは基本ポイント!

快適な睡眠を得るには以下の3つを整えてみましょう。

①入浴時間(就寝の2時間前)
②お風呂の温度(38~40度)
③お風呂に浸かる時間(20分)

忙しい人にとって、就寝2時間前の入浴というのはなかなか難しいかもしれません。
もし難しいのであれば、お風呂の温度やお風呂に浸かる時間だけでも、できるだけ調節してみましょう。

お風呂の入浴剤&入浴法②安眠できるお風呂の温度♪

引用:wol.nikkeibp.co.jp

眠気を起こしたい場合は、38~40度のお湯にゆったり浸かることをオススメします。
入浴時間は20分を目安にしてみてください。

よく、半身浴は健康やダイエットに良いとききますが、半身浴と安眠は必ずしもイコールではありません。
安眠を考える場合は、半身浴ではなく、肩までゆったり浸かる方が良いでしょう。

お湯の温度は快適な眠りを誘う上で重要な働きをします。
目を覚ましたい時は熱めの温度で。
リラックスしたい時はぬるめの温度がベストです。

勉強中など目を覚ましたい場合は、41~42度のお湯(シャワー)に数分浸かってみてください。

この温度設定で長時間入浴するとかえって興奮してしまい、眠れなくなったりどっと疲れが出ることがあるので、気をつけてくださいね♡

オススメ入浴剤①

引用:item.rakuten.co.jp

快適な睡眠のためには、香りがとても重要となってきます。
アロマオイル配合や天然ハーブを使用した入浴剤を使うことで、気持ち良いお風呂タイムが過ごせます。

では、おすすめの入浴剤をご紹介します♪

①クナイプ グーテナハト バスソルト

ホップとバレリアンは不眠に効果があるハーブです。
その2つを配合したというクナイプの入浴剤は、市販製品の中でもトップクラスの人気なんだそうです!

入浴剤の色は青、香りはスパイシーな甘い香りです。
この入浴剤を使用した日はぐっすり眠れるようです。

入浴剤の香りには好みがあるので、まずはお試しをして、自分に合うかを確かめてから購入することをオススメします。

オススメ入浴剤②

引用:www.bathclin.co.jp

②バスクリン きき湯アロマリズム

バスクリンが販売するリラックスに特化した入浴剤です。
ネロリの香りにはヒステリーや心の不安を和らげる効果があります。
なんと、うつ病の治療や女性の更年期治療にも使用されているようです。

独特なネロリの香りには、好き嫌いが分かれてしまいます。
しかし安眠効果が得られると評判は高いです♪

不眠だけでなく、女性特有の病気に悩んでいる方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
安眠効果のある入浴方法&入浴剤の効き目は人によって違います。
みなさんも、自分の体に合った方法を探して、心地良い眠りを見つけてみてくださいね。