"ほとんど水分"は間違い!実は栄養満点な「スイカ」の働きとは

美容

気温も上昇し、喉が乾いてくる季節。冷えたフルーツが食べたくなるかと思います。

夏の代表的なフルーツといえば、スイカですよね。ほとんどが水分で、栄養がないように思えるスイカですが、実は栄養豊富!

今回は、スイカの意外な働きについてご紹介します。

夏に不足しがちな「ミネラル」

日本の暑い夏には、スイカが欠かせませんよね。子供の頃は、夏のおやつといえばスイカが定番だったのではないでしょうか。

しかし「スイカのほとんどは水分でしょ?栄養なんてあるの?」という方もいらっしゃると思います。

スイカは、約90%が水分と言われてますが、その水分の中には〈ミネラル〉や〈糖分〉も含まれていることを知っていましたか?

夏場は、汗で塩分やミネラルが失われてしまいます。

そんな時は、水を飲むよりも、スポーツドリンクなどの甘味と塩分を含んだドリンクの方が良いと言われています。

とはいえ、冷たいスポーツドリンクは、消化を弱めて食欲低下につながることもあるので、摂りすぎには注意が必要です。

冷やしすぎない状態でスイカを食べるのがオススメですよ♪

女性に嬉しい美肌成分も……!

スイカにはビタミンが豊富に含まれているのですが、そのひとつのビタミンAが新陳代謝を促し、髪や爪、肌を健康的にしてくれます。

抗酸化作用や血行改善、美白効果などが期待されているリコピン。

リコピンといえばトマトが真っ先に思い浮かぶと思いますが、実はリコピンは、トマトよりスイカに多く含まれています!

スイカには、女性が嬉しい栄養が豊富に含まれているのです。

薬膳的に見た〈スイカの働き〉とは?

先ほどまでは、西洋的な観点からスイカについてお伝えしましたが、今度は薬膳的な観点からお伝えします。

薬膳的に見ると……

・スイカは冷やす働きがあるので、体の余分な熱を取り、喉の渇きを取ってくれる
・日射病や暑気あたりに良い
・余分な水分を排泄し、むくみに効果的

などの働きがあります。

喉を潤し、余分な水分は出してくれる。夏には最適な働きがあります。

暑い時に冷たい飲み物を飲んでも喉の渇きが取れない方や、飲みすぎてむくみが出ている方には、スイカをオススメします。

捨てないで!スイカの白い部分にも優秀な働きが……

そして、ぜひ捨てずに活用していただきたいのが、スイカの〈白い部分〉です。

赤い果肉にも余分な水分を出す働きはありますが、スイカの白い部分には、むくみ解消に役立つ働きがあります。

小さく切って冬瓜のようにスープに入れたり、浅漬けにしたり、スイカジュースにする時に一緒にミキサーにかけたり……など、ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

スイカに栄養があるイメージはなかったかもしれませんが、実は様々な栄養を含んでいるのです!

ただし、スイカにはもともと体を冷やす働きがあるので、冷たくして食べることで冷えが悪化する場合があります。もともと冷え性の方、冷房が効いている環境で過ごすことの多い方は、注意してくださいね。

冷たいスイカを食べたら、常温かあたたかいお茶を飲むことをオススメします。