寝る前の10分でOK!「夜ヨガ」で得られる驚きの効果とは?

子育て・ライフスタイル

寝る前のたったの10分でOK!心も体もスッキリする「夜ヨガ」をご紹介します♡

習慣付けてみると、驚きの効果が得られるはずです!

矢萩 可南
矢萩 可南
2016.08.07

①夜ヨガの効果とポイントは?

寝る前にする「夜ヨガ」には、翌朝のすっきり目覚め効果、骨盤矯正効果、シェイプアップ効果、肩こり解消などの様々な女性に嬉しい効果があります。

ポイントは、素足でヨガをすること!

足裏をきちんと使い、大地のエネルギーを受け取るためです。

ただし、お腹を出さないなど、体を冷やさない工夫は必要。ご主人やお子さんと一緒にするのも、楽しそうですね♪

②快眠が期待できる♡「チャイルドポーズ」

心地良い安眠へ誘ってくれる「リラックスのポーズ」として有名な「チャイルドポーズ」。

四つん這いの状態になり、両手を肩幅に開いて、息を吐きながら上体を前に倒します。ゆっくりと呼吸を続けながら、そのまま20秒ほどキープ。

腕や肩、腰の力を抜くことがポイントです。

腕や肩、腰、首の筋肉をほぐして、体も心もリラックスすることができます。

3セットを目安に行いましょう♡

③脚のむくみがスッキリする!「三日月ポーズ」

胸を大きく開くので、猫背の改善に効果的だと言われている「三日月のポーズ」。

太ももの筋肉を鍛えたり、脚のむくみを改善する効果もあります。

ポイントは、腰が反りすぎないようにお腹に力を入れることと、骨盤が正面を向くように、お尻と太ももにも力を入れること。

膝が痛い方は、タオルを丸めて膝の下に置くと良いでしょう♡

④血流を良くして痩せ体質に♪「魚のポーズ」

「魚のポーズ」は血流の流れを良くしてくれるので、呼吸器系に効果があります。不眠、肩こりや生理痛、姿勢の改善が期待されるポーズです。

お尻の真下に手を滑り込ませて、ゆっくり肘を曲げながら、上体を起こしていきます。

胸を張り、首は後方に反らします。そのまま数秒間キープし、ゆっくり元の位置へと戻る。

この一連の流れを、数回繰り返しましょう♪

肩こりや腰痛持ちの方は、慣れるまで背中に痛みを感じるかもしれないので、無理のない範囲で行いましょう♡

家族で今日あったことを振り返りながら、ヨガに取り組むのもオススメです。

寝る前にヨガをすることが質の高い睡眠、翌朝の活力に繋がります♡

たったの10分でできるので、毎日の習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。