お鍋はまだしまわないで!春の《フラワー鍋》がおしゃれすぎる♡

グルメ・レシピ

徐々に春らしさを感じるようになってきた、今日この頃。

「春に鍋料理はちょっと……」とお鍋をしまおうとしている方は、ちょっとストップ!

冬だけでなく、春にもおすすめなのが《フラワー鍋》。春らしくアレンジするポイントとともにご紹介します。

冬は大きめにカットしたい《フラワー鍋》

独創的にアレンジできるところが魅力の「フラワー鍋」。

こちらは大根を使って、大葉、豚肉、人参、レモン……の順に盛り付けて、お花に見立てています。

大きめにカットすると、冬野菜の存在感を感じられますね。

しゃぶしゃぶ肉を使うと火の通りが早くなり、シャキシャキのまま野菜が食べられるそう♪

見た目も食べ応えも十分なので、おもてなし料理にもぴったりですよ。

春の《フラワー鍋》は繊細な盛りつけを♡

先ほどに比べて繊細な作りのこちらは、春にぴったりのフラワー鍋です。

一番のポイントは、豚肉と野菜をくるくるっと巻いてあること。このひと手間が華やかさに繋がるんです♪

時間があるときに下準備をしておくと、楽ですよ。

野菜の種類が多めなのもポイント。様々な野菜を入れて、サラダ感覚のお鍋に仕立てたことで、春っぽさを演出しています。

蕾で冬を連想させる《フラワー鍋》

お鍋に"えのき"を入れるときに、横に寝かせてしまうことが多いのではないでしょうか。

このように立たせて入れると、お花の蕾(つぼみ)を連想させてくれるんです♪

えのきで花を咲かせた春の《フラワー鍋》

一方、春のフラワー鍋で表現したいのは、開き始めた蕾です。

花束を作るときのように、えのきを散りばめて、華やかさを演出しましょう♡

冬の《フラワー鍋》は豪快に!

冬にぴったりなのは、ちょっと豪快なフラワー鍋。

白菜が一番甘く、そしてお得な時期なので、贅沢に堪能できますね。

春の《フラワー鍋》は可愛らしく!

一方で春のフラワー鍋を作るときは、可愛らしさを演出するのがポイント!

写真のように、お鍋を工夫するのもひとつの手です。

土鍋や鉄鍋を使うと、どうしても冬っぽくなってしまうので、赤やピンクのお鍋を使ってみるのはいかがでしょうか。

また、お花に見立てた野菜やお肉を巻くときは、ぎゅっとキツめに作りましょう。

繊細さを表現するように心がけると、春らしい感じに仕上がりますよ♡

春におすすめの《フラワー鍋》の作り方をご紹介しました。

鍋を冬だけの調理法にしておくのは、もったいないですよね♪