抱っこ紐期のママコーデもオシャレに♡冬のおすすめアイテム3つ

Cover image: zozo.jp

赤ちゃんを育児中、特に抱っこ紐期のママにとって、オシャレな装いはなかなか難しいもの。

トップスは赤ちゃんの肌に触れても大丈夫な柔らかい素材で、汚れてもOKなプチプライス、そして家で洗濯ができるもの。赤ちゃんに引っ張られるので、首元の開いた洋服では気を使うし、ビジューやレースなどの装飾は難しい。

そもそも、オシャレをしても抱っこ紐で隠れて見えない……と考えていると、いつの間にか「好きな服」「オシャレな服」よりも、実用的な服ばかりに目がいってしまう。

そんなママも多いかもしれません。実際に私もそうでした。

"抱っこ紐期だってオシャレを楽しみたい!"

そんなママ達にこそおすすめの、トレンドファッションアイテムが「オーバーサイズコート」「ボトルネック」「バックデザイン」の3つ。

これらのアイテムが抱っこ紐期ママにぴったりなの理由と、おすすめアイテムをご紹介します。

おすすめアイテム①抱っこ紐の上から羽織れるオーバーサイズコート♡

zozo.jp

まず最初におすすめしたいのは、抱っこ紐の上から羽織れる「オーバーサイズコート」です。

普段の自分のサイズよりも1〜2サイズ上の大きめアイテムを取り入れるのが、この冬のトレンドのひとつ。

特に、オーバーサイズのコートは、気軽にトレンド感をプラスできるアイテムとして大人気です。

zozo.jp

zozo.jp

オーバーサイズのコートは、抱っこ紐期のママにこそぴったりのアイテム。

抱っこ紐を装着した上から羽織っても窮屈にならず、赤ちゃんも一緒に暖かくなれるんです。

後ろから見ると、赤ちゃんを抱っこしているようには見えないので、ちょっぴりオシャレなスポットへお出かけする時など、サッと1枚羽織れるコートがあると心強いですね♡

titivate フードジップコート

¥6,469

販売サイトをチェック

おすすめアイテム②赤ちゃんに引っ張られても安心な「ボトルネック」

zozo.jp

続いておすすめしたいのは、赤ちゃんに引っ張られても安心な「ボトルネック」です♡

赤ちゃんを対面抱っこしていると、首元を引っ張られて、気づけば首周りがびろーんと伸びてしまった……といった経験をしたことのあるママはいませんか?

今人気の「ボトルネック」のアイテムなら、そんな心配もいりません!

LEPSIM 5Gアゼアミボトルネックプルオーバー

¥3,780

販売サイトをチェック

zozo.jp

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS フェルトボトルネックニット

¥12,960

販売サイトをチェック

zozo.jp

赤ちゃんを抱っこしていると、タートルネックでは暑くて、気づくと汗だくになることも。

ボトルネックなら、程よくあたたかく抜け感もあるので、寒い外でも、暖房の効いた室内でも、快適に過ごすことができますね。

やや大きめサイズを選べば、下から授乳もできるので便利です。

SEVENDAYS=SUNDAY プレーティングボーダー ボトルネックプルオーバー

¥4,309

販売サイトをチェック

おすすめアイテム③後ろ姿でオシャレを楽しむバックデザイントップス

zozo.jp

最後におすすめしたいアイテムは、後ろ姿でオシャレを楽しむ、「バックデザイン」のトップスです。

抱っこ紐期は、赤ちゃんの興味を引いてしまうビジューやレースなどの凝ったデザインのトップスは取り入れにくいですが、バックデザインなら大丈夫♡

赤ちゃんがいたずらしてしまう心配も無いうえに、抱っこ紐を装着していても、後ろ姿は見えるので、こだわりのオシャレが隠れずに済みますよ♪

Ranan バックデザインニットソープルオーバー

¥3,229

販売サイトをチェック

zozo.jp

この冬はもちろん、春夏にかけても、バックデザインのトップスアイテムはトレンドのひとつで、各ブランドから展開される予定です。

コートを脱いだ後のことも視野に入れながら、アイテム選びを楽しみたいですね。

GLOBAL WORK バックレースチュニック8分袖

¥3,780

販売サイトをチェック
抱っこ紐期ママにおすすめのトレンドアイテム、「オーバーサイズコート」「ボトルネック」「バックデザイン」の3つをご紹介しました。

オシャレが難しい抱っこ紐期だって、自分らしく装う喜びを忘れずに、毎日の育児をHAPPYに楽しみましょう♡

抱っこ紐 ママコーデ ママファッション エルゴ ベビービョルン 授乳 オーバーサイズ オーバーサイズコート アウター バックコンシャス バックデザイン プチハイネック ボトルネック セーター ニット

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

宮森 渚朝

AneCanなどのファッション誌で
読者モデルとして活動しています。

普段はベビーマ…

>もっとみる