当日でも間に合う還暦のプレゼント♪"お誕生日新聞"って知ってる?

子育て・ライフスタイル

還暦を迎える父・母への誕生日プレゼントをどうしよう?というときの救世主としておすすめなのが「お誕生日新聞」です。

「……しまった!忙しくてプレゼントを準備し忘れていた!」というときにもぴったりですよ♪

矢萩 可南
矢萩 可南
2016.12.06

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎コンビニでのプリントアウトサービス

お誕生日新聞には、「コンビニプリントアウトサービス」があります。

コンビニにあるマルチコピー機で、昔の新聞をプリントアウトできるサービスで、指定の日付けの新聞がA3サイズで印刷できます。

昭和の懐かしい新聞はもちろん、昔の"幻"の新聞を気軽に買えると今、話題です。

朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、沖縄タイムス、The Japan Times(ジャパンタイムズ)の6紙から選べるのも良いところ。

それぞれの新聞社に特徴があるので、見比べてみるだけでも楽しいですよ。

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎どこでプリントアウトするの?

お誕生日新聞は、サークルK(ケイ)・サンクス、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニの店舗に設置してあるマルチコピー機でプリントできます。

コンビニなので年中無休。

「どうしよう!明日はお祝いなのに何も準備していない……。」このような時でも安心ですね。

方法も簡単♪

マルチコピー機のメニュー画像から、コンテンツサービスボタンを選択。お誕生日新聞プリントサービスのボタンを押すだけです。

日付などを入力すれば、1分ほどで印刷が完了しますよ。

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎使い方はアイデア次第で様々♪

一面とテレビ面をモノクロプリントできる、お誕生日新聞は、両面印刷だと800円、一面だけの片面印刷なら500円です。

テレビ面がない時代の裏面印刷については、ラジオ面、社会面で対応。

ちなみに、私が先日印刷した昭和3年はテレビがなかったようです。

お誕生日新聞の使い方は、アイデア次第で様々!

自分史や自由研究、同窓会や帰省の際の話題作りなど……アイデア次第で様々な用途に活用できますよ。

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎テレビ・ラジオ面を見て、懐かしさで盛り上がれる!

当時見ていたテレビ番組や懐かしい出演者の名前を発見して、「この番組、毎週見ていたねー!」などと思い出が記憶と共に蘇り、友人や家族と盛り上がれること間違いなしです。

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎レトロな広告に出会える!

当時話題だった家電製品や自動車、雑誌など数々の広告を見て、タイムスリップできます。

企業のロゴマークなどもレトロで味があり、素敵ですよ。

今は左から右に文字を書きますが、戦前は右から左に書いていた事実を知ることもできます。

還暦のプレゼントに「お誕生日新聞」▶︎生まれた日の歴史を感じられる

新聞の一面には、世間の関心を集めた出来事が掲載されています。

贈られた方は、自分が生まれた日に何が起きていたかを知って、感慨深く感じることでしょう。

新聞を読むようになるのは、少なくとも小学生か中学生になってからだと思うので、それ以前の記事を大人になってから読めるのは嬉しいことですよね。

サプライズギフトとして、喜んでもらえますよ♪

私は先日、米寿を迎えた祖母にお誕生日新聞をプレゼントしました。

大判サイズの色紙を買ってきて、表面に子どもの絵や寄せ書きをし、裏面にお誕生日新聞と家族写真を貼りました。

家族で会食をしていた席だったので、「見せて見せて〜!」とみんなで回し読みをして盛り上がり、贈り主にも喜んでもらえましたよ♡

「プレンゼントは準備したけれど、もう1品加えたい!」というときにも、おすすめです。次回の記念日に利用してみてはいかがでしょうか♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。