所作で魅せる♡30代は大人の浴衣マナーで美人度UPしよう!

毎年この季節になると着たくなるのが、「浴衣」。でも、ただ着るだけで満足して良いのは20代前半まで。

アラサー女子は「所作美人」で、大人の着こなしを目指しませんか?

【浴衣の所作や着こなし】所作美人になろう♡

女性気分に浸れる浴衣は、何歳になっても着たくなるもの。

季節が限られていることもあり、「今年こそは!」とその機会をうかがう方も多いのではないでしょうか。

お子さんだけでなく、ママも浴衣を着てお祭りへ出かけたら楽しいと思います♡

でも単に着れば素敵になるわけではないのが、アラサー女子。本当に美しい女性は、浴衣姿での所作に手を抜きません。

素敵な大人の女性に見える所作を、おさらいしてみましょう♪

【浴衣の所作や着こなし】基本の立ち姿

着るだけで美しくなれる浴衣ですが、その立ち姿もしっかり見られていますよ♪

足のポジションから、気をつけましょう。

こぶしひとつ分の隙間をあけて、つま先を合わせるようにハの字にし、一方の足先を半歩前に出すと安定します。

半歩前に出した足に重心をかけると、控えめながらも凛とした立ち姿になります♡

長く立つときは、前に出す足を変えると疲れません。このとき、猫背は厳禁。老けて見えますし、胸元が崩れやすくなります。

背筋をピンと伸ばして、軽く顎を引いて上品に振舞いましょう。

【浴衣の所作や着こなし】歩き方姿も見られています!

歩くときは裾があるので、小股で歩かなければいけませんよね。

だからといって、ちょこちょこ歩くのはあまり美しくありません。

やや内股で、スカートで歩くときより少し小さめの歩幅が目安。

裾を引きずらないようにして、一本の線の上を歩くように、まっすぐ歩くと良いですよ♪

【浴衣の所作や着こなし】階段は「斜め」に上り下り

階段を上るときは、裾を踏まないように注意しましょう!

足裏は、階段に全面置くよりも、3分の2を目安にすると上がりやすいです。

裾が長い場合は、右手で着物を少し摘んで、裾を短くするとスマート。

降りるときは、体と足を少し斜めにすると、より動きやすくなります♪

【浴衣の所作や着こなし】椅子に座るときは優雅に

お食事タイムも、気は抜けません。

猫背でもたれかかってしまうのはNGです。帯がつぶれてしまったり、襟元がはだけてしまうからです。

背筋を伸ばした姿勢のまま、すっと腰を落としていくイメージで浅めに座ると、優雅に見えます。

裾にも注意しましょう。

腰を落とすときに、太ももから膝までを手で払って押さえ、座るときに膝の裏に手を入れて浴衣を折りたたむようにすると、もたつかずにスッキリします♪

【浴衣の所作や着こなし】車の乗り降りもスマートに♡

車に乗り込むときは、扉を開けたら座席にお尻を向けて、お尻を先に下ろしましょう。

そして両足を揃えたまま、前に向きを変えて、浅めに腰かけるとスマート♡

袖は座っているときは、膝の上に重ねておくとよいですね!

降りるときは、揃えた両足を外に出して地面に下ろし、それから立ち上がります♪

些細な仕草にこそ、その人の本質が見え隠れします。

浴衣を着たらそれで終わり……ではなく、大人の女性らしく、美しい立ち振る舞いでさらに魅力的な夏のひとときを過ごしましょう♡

浴衣 所作 着こなし

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる