うっかり口にしてない⁉︎子供に言わない方が良い言葉TOP4♬

うっかり口にしてない⁉︎子供に言わない方が良い言葉TOP4♬

私は男の子2人を育てていますが、日々、子育てって大変!!と感じています。
特にしつけや、こんな時どう言う言葉をかけるのがBESTなのか、悩む時があります。
今回は、子供についつい言ってしまうけど、実は言ってはいけない言葉をご紹介します(*^^*)

言ってはいけない言葉①良く出来たね!

www.shimajiro.co.jp

最初は、良く出来たね!!
私も何かあると、凄いね!よく出来たね!と言ってしまいますが^^;

このよく出来たね!!は、実際に子どもがたいして努力していないことに対しても使うことが良くないそうです。
子どもたちは、良く出来たね〜と言われると、「よくやった」ことなのだと思い込んでしまうので、良く出来たね!!の代わりに、「頑張ったんだね!」と声を掛けてあげると良いのだそうですよ!

子どもの「努力」に注目することで、努力することは、結果よりもずっと大事なことなんだと教えることができ、子どもたちは難しいことに挑戦する時も粘り強くなり、失敗は次の成功へのステップなんだと理解するんだとか(^o^)/

言ってはいけない言葉②いい子ね!!

www.ehonnavi.net

次は良い子だね!!これもよく使う言葉ですよね!

例えば、ママのお手伝いをしてくれた後に、『いい子』ねと言うと、子どもたちは、ママに頼まれた用事、ママが頼んだことをしたから「良い」と思い込んでしまうとか!

これは、自ら率先して協力するという意欲が失われ、協力する=肯定的という意識に変わってしまうそうです。
なので、お手伝いしてくれ後は、いい子だねの代わりに、「お手伝いしてくれるから、とってもうれしいな」と言うのが良いそうですよ。

言ってはいけない言葉③何でそんなことしたの?

www.photolibrary.jp

次もよく言ってしまいがちな。。。なんでそんなことしたの?と言う言葉!

ついつい感情的になって言ってしまう言葉ですが、冷静な判断ができない時というのは、子どもにとっても間違いから何かを学ぶ時ではありません。

「なんで?」と問いただすことは、子どもに自分の態度について考えさせ、分析させるものではあるものの、「なんで?」と言う質問に答える、という難しいスキルを求めていることになります。
なんで?と怒ると、たいてい子供は、黙り込んで自己防衛的になってしまいます。

なので感情的になる前に、例えば、お母さんがあなたの考えを全然聞こうとしないから嫌だったのかな?のように、なんで子供がそんな事をしたのか推測して会話のきっかけをつくりましょう♡

言ってはいけない言葉④ もし○○したら、○○をあげるよ

kijonan.com

最後もよく言ってしまう言葉、もし○○したら、○○をあげるよ!

お菓子やオモチャの力を借りるのが1番手っ取り早いですが、やはりモノで子どもを釣るのは有害です(°_°)このモノ釣りは、例えば、『イヤだ、イヤだ、アレ 買ってくれなきゃ部屋の片づけはしない!』など、歯止めが効かなくなることがあります。

そういう時は、「片づけのお手伝いをしてくれてどうもありがとう!」と感謝の気持ちだけ言ってみるのが良いとか。
心からの感謝の気持ちを伝えると、子どもたちはもっと手伝おう♡という気になり、もし子ども達が最近お手伝いしてくれなくなったな〜と感じた時には、「この前、ごみ出しを手伝ってくれたこと覚えてる?

あの時はとっても助かったのよ。本当にありがとう!」と語りかけ、お手伝いは楽しくてやりがいのあることなんだと、子ども自身に気づかせましょう。
子供に言わない方が良い言葉4つ、如何でしたでしょうか?
これは、Shelley Phillips氏による投稿から4つの言葉をpick upさせていただきましたが、どれもこれも毎日のように口にしている言葉なので、代わりにこういう言葉をかけてあげるのが良いんだ!と勉強になりますよね。

子育ては日々勉強、こういう言葉もあるんだよということを心の片隅に置い時、もし使う場面がありましたら、是非この記事を思い出してみて下さい(*^^*)

言ってはいけない言葉 子供 子育て 子育ては日々勉強 子供に言わない方が良い言葉 子供に言っちゃいけない言葉 お菓子を餌に 子育て方法 子育てのコツ Lifehack ShelleyPhillips

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

杉浦よしの

学生時代は海外で過ごし、帰国後は社長・役員秘書としてOL時代を経て、2011年に長男・2013年に次男を出産…

>もっとみる