誰でもできるプロ級セルフラッピングの基本♪《リボンの結び方編》

インテリア

女性はリボンが大好き!
でも、いざリボンを自分で結ぼうとすると、なかなか上手くいかない…そんなことはありませんか?
今回は、誰でも簡単にお店でお願いしたようなラッピングができる、リボンの結び方のコツをお話させていただきますね♪

セルフラッピングの基本♪《リボンの結び方編》長さの決め方

一からラッピングをするとなるとハードルが高くなりますので、今回は誰でも簡単にできるように、ボックスを用意しました。ボックスは100円ショップやフライングタイガー、IKEAなどにもたくさん可愛らしいものが市販されているので、ぜひチェックしてみて下さいね♪

今回は、リボンが十文字にかかる結び方をご紹介します。

まずは、リボンの長さを決めます。ボックスに十文字にリボンがかかる長さと、最後にリボン飾りになる部分の長さをプラスして考えて、ラフにリボンをかけてみましょう。

ボックスの右側を少し長めに取る形で大体の長さを決めたら、リボンをカットします。カットできたら、さっそくリボンを結んでみましょう!

※リボンの左端から約20cmの部分を《A》、右端から約30cmの部分を《B》とします。

①《A》をボックス上部の中央に置いて、左手の親指で押さえます。

②左手の指で《A》を押さえたまま、リボンを下からボックスの底を通って一周させます。リボンがボックス上部中央まで一周したら、リボンを交差させるように右手と左手でギュッと十字にします。

③ボックス上部の十字に交差した《A》の部分を左手の指で押さえながら、また下からリボンをぐるっと一周させます。ここで、《A》と《B》が交わります。

セルフラッピングの基本♪《リボンの結び方編》バランスのとり方

リボンがボックスを十字にぐるっと一周したら、リボン飾りの部分を作っていきましょう♪

④《B》を右手、《A》を左手で持ち、《B》を上から十字の部分にくるっと通します。《A》のリボンが箱の左上、《B》の部分が箱の右上に来ていて、手を離してもリボンがとまっている状態になります。

⑤《A》の部分でリボン飾りになる輪っかを作り、親指と人差し指で押さえます。

⑥⑤の輪っかを右に倒し、《B》を上からぐるっとかけて、蝶々結びにします。

セルフラッピングの基本♪《リボンの結び方編》仕上げ

蝶々結びをしたら、リボンの余分に長い部分はカットして、バランスを整えていきます。

今回はワイヤー入りリボンを使用しておりますが、ワイヤーの入っているものを使うと、後で形を整えやすく、誰でも簡単に綺麗な蝶々結びができる様になりますので、お薦めです。

ワイヤー入りリボンの他にはシルクサテン素材もお薦め。光沢感があるので、高級感がプラスされます。

蝶々結びの形が作りやすく、崩れにくいのはクログランリボン。滑り止めの様にしっかりと留まるので、リボンがほどけにくく、形を作りやすいです。

セルフラッピングの基本♪《リボンの結び方編》色合わせでアレンジは無限大!

こちらで、ラッピングが完成です!

今回はグリーンonグリーンでボックスとリボンをコーディネートしておりますが、この様に同じ色の同系色でラッピング資材を揃えると、より洗練された印象を簡単に作ることがでますよ♪

また、柄物をポイントで合わせたり、太くて印象の強いリボンを使ったり、2本のリボンを組み合わせたりと、コーディネートを楽しむとデザインは無限大。贈る相手を思いながら、その方にフィットするリボン選びをしましょう。

いかがでしたか?リボン結びをマスターすると、それだけでセルフラッピングへの道がグンと近くなります。
プレゼントは、心をこめたセルフラッピングで差をつけちゃいましょう♪