夫を家事のスペシャリストに育てたい!《シーン別》おすすめの声がけ

夫を家事のスペシャリストに育てたい!《シーン別》おすすめの声がけ

妻から夫への声がけ一つで、夫の家事に対するモチベーションが上がったり下がったりしたりする、と言われています。
食器を洗ってくれたのは良いけど洗い残しが気になる……このようなとき、どのような対応していますか?
家事が苦手なパパには、普段の声かけや対処法を見直して、夫を家事のスペシャリストに導いてみませんか?
私たちの家事が、グンと楽になるかも♪

男性はプライドが高い?夫のやる気を引き出すのがコツ♡

夫がせっかく家事を手伝ってくれたのに、ついイライラして「そんなやり方じゃ意味ないよ……」などと言ってしまったことはありませんか?

基本的に、家事をしてもらうときは、才能を褒めて伸ばすよう、心がけましょう。

男性はプライドが高いので、妻にけなされると、一気にやる気が失せる……という方が多いです。

夫のやる気を引き出して、まずは気持ち良く家事をしてもらいましょう。それでは早速、具体的な声掛け例をご紹介していきます。

夫を家事のスペシャリストに育てたい!
《食器洗い編》汚れの洗い残しは大目に見る

お皿を洗ってくれたのは良いけれど、洗い残しが気になる……このような経験はありませんか?洗い残しを見つけたとき、どのように対応していますか?

「黙ってこっそり洗い直す」「修正してもらいたいポイントを伝える」この両者をバランスを見ながら使い分けていくのが、賢い妻です。

せっかく手伝ってくれた夫が、やる気をなくしてしまっては元も子もありませんよね。

まずは、黙ってこっそり洗い直します。

数回我慢をしてみて変化がないようであれば、感謝の気持ちとともに、「次はお皿の裏も、しっかりめにお願いね」「フライパンの裏の汚れがなかなか取れないんだよね……」などとポイントを伝えましょう。

夫を家事のスペシャリストに育てたい!
《洗濯編》ネットの仕分けは事前にやっておく

夫に洗濯をしてもらったら、おしゃれ着がシワになったり、傷んだり縮んでしまった……ということはありませんか?

洗濯ネットを使わない男性は、意外と多いようです。

とはいえ洗濯を手伝ってくれるのはありがたいことなので、デリケートな服は事前に別のカゴなどに取り分けておくなど、工夫したいですね。

「シワが気になりそうな服があったら、こっちのカゴに入れてね」などと声がけし、あとで確認してみると良いかもしれません。

何度か繰り返し、夫が洗濯に慣れたら、服の分類もお願いすると良いでしょう♪

夫を家事のスペシャリストに育てたい!
《おつかい編》頼むときはなるべく明確に♪

夫におつかいを頼んだら、「違うものを買ってきた」「高価なものを買ってきた」というトラブルになったことはありませんか?

買い物慣れしていない夫は、食品の相場がわからなくても仕方ありません。

頼むものをリスト化し、「キャベルが○○円以上だったら、レタスに変更」などのメモを書き加えると良いでしょう。

夫に買い物を頼むときは、品名やメーカー名、相場などの情報をなるべく明確にしましょう。

繰り返していくことで、節約のヒントを覚えてもらえるかもしれません♪

夫を家事のスペシャリストに育てたい!
《料理編》理論立てて説明する

感覚派の女性が多いのに対し、何をするにも理論派!という男性は案外多いもの。

「なんとなく」「こんな感じ」といった曖昧な説明は、料理初心者の男性はあまり好まないようです。

野菜の切り方や火加減、混ぜ具合などは、「なぜそうするべきなのか」という理由をきちんと説明しながら実演しましょう。

そして多少の失敗は目をつぶり、「料理が楽しい!」と思ってもらえるようサポートしましょう。

細かく指導されるのを好まない場合は、一歩引いて任せてみるのも良いですね。

「あれもこれも言われて、わからない!だったら自分で作ってよ」などと言われないよう、工夫しましょう。

夫を家事のスペシャリストに育てたい!
《オムツ替え編》少しずつ段階的に進める

男性がする育児の中で、苦手意識が比較的高いのが、オムツ替えだと言われています。

「なんとかオシッコは替えられても、ウンチは無理!」という方が、案外多いのだとか。

男性は、女性よりも汚物に対して嫌悪感を抱きやすいと言われています。

よって、苦手意識を少しずつ取り除いていく作業が必要になります。

一連の流れをまとめてお願いするのではなく、使用済みのオムツを捨ててもらう、足を上げていてもらう、あやしてもらう、お尻を拭いてもらうなど、段階を経て少しずつサポートしてもらうと良いでしょう。

慣れてしまえば「育児をしている感」が味わえる、オムツ替え。
きっと、どんどん手伝ってくれるようになりますよ。
夫を家事のスペシャリストに育てるために極意を、ご紹介しました。
家事が苦手なパパでもすぐにトライできそうな内容ばかりなので、ぜひ試してみてくださいね♪

【関連記事】分担制はもう古い?夫婦で「家事シェア」を成功させるポイントとは

ワーキングマザーが増えている現代、家事や子育てを夫婦で分担されている家庭も多いですよね...

家事 夫婦

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる