ちょこっとデイスプレイも叶うインテリア♡《腰板》DIYが気になる!

インテリア

お部屋をオシャレにDIYしている方が注目しているのが、腰板(こしいた)。腰壁とも呼ばれています。

名前の通り、腰の高さから下の部分に板などを貼ることで、本来は汚れ防止のためのもの。

最近は、インテリアとして《腰板》を使ったDIYを楽しむ方が増えてきています。

Instagram(インスタグラム)から、素敵なアイデアをご紹介します♪

misaki.o
misaki.o
2017.01.13

おしゃれな部屋づくり♡ディスプレイ棚にもなる「腰板」って?

小さいお子さんがいるお家では特に、壁に傷や手垢が付いてしまったり、落書きをされてしまった……ということもありますよね。

そんな壁がキレイに蘇り、「汚されてももう大丈夫!」と思えるのが《腰板》。

腰板を貼るだけで、明るく開放的な、憧れのプロバンス風インテリアも作れてしまうんです♡

こちらは、《腰板》を取り付けることで、ナチュラルなフレンチカントリー風のインテリアに仕上げたアイデア♡

板を横向きに取り付けていくと、ログハウスのような楽しみ方もできます。

腰板を使ったDIYは、両面テープを使うと簡単です。また、100均でも購入できる木目調のリメイクシートでも代用が可能。

これなら、賃貸のお部屋や、壁に穴を開けたくない方にも取り入れやすく、手軽に楽しむことができますね。

せっかく《腰板》を取り付けたら、そのままにするのはモッタイナイ!

今ドキな《腰板》として活用するためには、プラスαが欠かせません♪

腰板にカラーリングをしてお部屋のポイントにしたり、グリーンやインテリアを組み合わせることで、憧れの○○風空間を作ることもできます。

フレンチカントリー調のお部屋では、ちょっとレトロなデザインのアイテムと《腰板》を合わせることで、雰囲気がでます。

"マネ買い"したくなるようなおしゃれ小物ばかりですね♪

腰板があると、直接壁に穴があけられなかったお家でも、遠慮なくディスプレイを楽しめます。

《腰板》DIYの楽しみ方の1つが、壁との境になる部分の板を、好みの奥行きに調節して取り付けることです。

そうすることで、飾り棚のなかったお部屋にも、"ちょこっとディスプレイ"が叶うスペースが生まれます♪

○○風のお部屋づくりやディスプレイスペースとしても活用できる《腰板》。

今では、汚れ防止としてだけではなく、インテリア感覚で人気のDIYです♡

みなさんも、お部屋づくりの参考にしてみてはいかがですか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。