Flower Valentine´s Day!男性から女性へ贈るべき花とその由来

ファッション

先日新年を迎えたと思ったらもう2月!2月といえばValentineですよね。
女性がチョコを持って告白、というのが一般的ですが、世界的にみると大切な人にお花を贈る日とされてるんです。

そもそもSt.Valentine´s Dayって。。?

引用:www.flower-valentine.com

2月14日 St.Valentine´s Day(線とValentineデー)は世界各地で愛の誓いの日とされています。
その歴史は古代ローマ時代までさかのぼります。

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス2世は、兵士が家族や恋人を恋しがって、軍の士気が低下しないよう兵士たちの結婚を禁止していました。

そんな時代に、キリスト教司祭・聖ウァレンティヌス(聖バレンタイン)は結婚を望む兵士たちのためにこっそり結婚式をとり行っていたのでした。

しかし、このことがローマ皇帝の逆鱗に触れ269年の2月14日に聖バレンタインは処刑されてしまうのです。

その後ローマでは、2月14日に殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時と共に混ざり合って14世紀には、今と同じようなバレンタインデーになったそうです。

各国のバレンタイン事情って。。?

ヨーロッパ諸国では、バレンタインデーに男女が互いにカードを贈り合う習慣がありましたが、男性から女性に花を贈る習慣は、イギリスから始まったそう。
カードに花を添えて贈ることで、求愛のイベントになったといわれています。

イギリスでは、2月14日には男性が女性を喜ばせるためにロマンティックなデートをセットアップ。
素敵なレストランを予約し、花束は男性自身が持って行きます。
どんなカップルも初めて出会った頃のときめきを思い出すような演出が大切だそう。

そしてその習慣はアメリカに渡り、バレンタインデーにおける最も重要なアイテムは「花」だそうです。
他の何はなくとも「花」は絶対だそうです。お花は女性の職場に届くそうで、しばしばそんなシーンが映画やドラマに出てきます。

「Happy Valentine's Day」や「Be My Valentine」「Be Mine」と書いたカードを添えて贈る花は、愛の花とされるバラが主流ですが、最近では、人と違った花をプレゼントしたい男性が増えているとか。
花屋さんは、女性の好みや雰囲気を聞いてぴったりのお花を選ぶアドバイスを熱心にしてくれるそうです。

レストランで、ショッピングモールで、様々な場所で行われるValentineイベントとは。。?

引用:www.flower-valentine.com

渋谷ヒカリエでは自分でチョイスした5本のお花をフラワーアーティストさんがオリジナルのブーケにしてくれるサービスや、フラワーモニュメントの前で写真を撮れるブースがあったり、伊勢丹メンズ館、銀座三越、プランタン銀座などでもお花のプレゼントがあるそう♡

2月7日、2月11日のイベントは フラワーバレンタインHPをチェックしてデートの予定を立てたいですね!

大切な人に贈るお花はどんなものを選べばいい。。?

引用:www.flower-valentine.com

12本の花、ダズンフラワーはいかがでしょうか?
バラだけの12本も素敵ですが、画像のように今とても美しい春のお花や香りの良いお花もミックスして。

贈る相手をイメージして可愛らしいピンクで、大人可愛くパープル系で、元気な感じのイエロー系、などお花屋さんに相談して作ってもらうのがオススメです。

12本のお花にはそれぞれ、
感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠という意味あいがあり「すべてをあなたに誓う」ことを意味するダズンフラワーなら、きっとあなたの真剣な気持ちが伝わりますよ!

こういうものを買うのはちょっと照れくさい、なんて男性にはボックスに入ったアレンジメントがオススメです!

女性にとってお花を贈られるってとても嬉しいものですよね!
もっと男性が恥ずかしがらずに、記念日ディナー、結婚記念日に、お誕生日や、感謝の気持ちを伝えるシチュエーションでお花を選んでくれると嬉しいな、と思っています。