「この気持ちわかる!」美しすぎる二児のママ♡ユンソナさんに大共感

子育て・ライフスタイル

第二子が生まれたときに、下の子に手がかかりすぎて、第一子に構っていられなくなった経験のあるママも多いはず。

そのような時は、どう対応すれば良いのでしょうか。

2人のお子さんを育てているユンソナさんのブログに、素敵なヒントがありました♡

ユンソナさんの育児ブログに大共感①「愛情をたっぷり注ぐことが一番良いのかなぁ」

第二子を出産したユンソナさんは、第一子であるシウくんの反応をしっかり観察しています。

どうやらシウくん。これまで一番注目されていたのに、妹の誕生ですっかり主人公の座を奪われてしまったようです。

「僕、名前書けるようになったよ~!」
「1から5まで書けるよ~!」

と発言して、ユンソナさんに存在をアピールし続けます。

ユンソナさんはご主人と相談して、「大好きだよ」と伝える回数や、ハグの回数を増やしたそうです。

ユンソナさん Instagram

ユンソナさんの育児ブログに大共感②「すごく不思議な気持ち」

ママなら誰もが感じる、"あの頃子供だった私が、いつの間にかママに……"という気持ち。

ユンソナさんは、長男のシウくんが小学校に入学した際に、時の流れの早さを感じたようです。

単純な喜びではなく、懐かしさや驚きでもない、とても不思議な気持ち。

子育てをしていると、命のサイクルのようなものを実感する瞬間がありますよね♡

ユンソナさんの育児ブログに大共感③「何をそんなに考えているの?」

子育てをしながら仕事も頑張る、ユンソナさん。

家事や家計など、生活していく上で考えるべきことはたくさんあります。また、生活のことや育児に限らず、もやもやと考えごとをすることもあるでしょう。

でも、そのようなとき、子どもはママのことをじっと観察しているもの。

「どうしたの?」とまっすぐな目で尋ねられて、ハッとしたことはありませんか?

子どもとの遊びに専念してあげていなかったことに、罪悪感を覚えたママも多いはず。

一緒に遊べる時間が限られているからこそ、精一杯遊んであげるのが理想的とはいえ、なかなか難しいと語るユンソナさん。

このようなときは、子どもに「ごめんね♡」と明るく答えて気持ちを切り替え、思いっきり遊んであげましょう♪

ユンソナさんの育児ブログに大共感④「女の子のエプロンみたい」

料理の時間が多い幼稚園に通っているシウくんのために、エプロンを作ってあげたユンソナさん。

生地選びからこだわって作ったそうですが、「女の子っぽくて、嫌だ。持っていかない。」と言われてしまったのだとか。

結局はこっそり持たせて着させたことが功を奏し、「可愛いって褒められたよ〜。」と言っ帰ってきたそうですが、"男の子らしさ"をもう意識する年頃なのか……と思ったそう。

「男の子はこうであるべき!」と教えたつもりはなくても、子どもに意識が芽生えてくるものなのですね。

成長の証だと思って残念がらずに、叱らず、温かく見守っていきましょう♪

ユンソナさんの育児ブログに大共感⑤「全てにとても感謝で、幸せです〜」

何気ない日常をブログやInstagramに書き残している、ユンソナさん。

毎日忙しくしていると、時間の大切さを見過ごしがちですが、記録を残しておくと、ふとした瞬間に充足感に浸れることもありますよね。

子どもの人数が多いとそれだけ育児も大変ですが、ユンソナさんのように、「その分、幸せが増えた!」と考えてみるのはいかがでしょうか。

過ぎていく日々をただこなすだけでなく、足を止めて、幸せを実感してみましょう♡

明日もまた頑張ろうと思えるはずですよ♪

ユンソナさん ブログ

今年41歳を迎えるとは思えない美しさのユンソナさん。

ゆったりと穏やかに子育てに向き合っている姿は、インスタやブログで見られますよ♡