「赤ちゃんにスマホは必要?」スマホ育児のメリット&デメリット

子育て・ライフスタイル

「スマホ育児」というワードは、ご存知ですか?
「スマホ子守り」「スマホ子育」とも呼ばれていて、スマホやタブレットをベビーやキッズに渡して遊ばせたり、知育として利用したり、ママがスマホやタブレットを触りながら育児をすることをいいます。そんな「スマホ育児」のメリット・デメリットをご紹介します。

スマホ育児の「メリット」とは?

今や、スマホなしには生活できません。育児ママは、かわいいベビーの笑顔をSNSにアップしたり、育児の心配事を調べたり、外になかなか出かけられないので、スマホに頼ってしまうことが多くなってしまいますよね。

そして、ベビーがぐずっているときや静かにしていて欲しいときに、スマホで動画を見せたりすることも、増えているのではないでしょうか?

そんな「スマホ育児」には、メリットもデメリットも両方あります。
メリットとしては、子供にスマホを渡しておくと泣き止んだり、しばらく静かにしてくれるので、ママはその間に家事を済ますことができたり、ちょっと一息つく時間を作ることができます。

また、最近は知育アプリもたくさんリリースされています。赤ちゃんが泣き止む音が流れたり、子守唄、いないいないばあなどのちょっとした遊びができるようなアプリが揃っています。タッチして遊ぶタイプもあるので、スマホやタブレットを持たせて、遊ばせておくご家庭も多いようです。

ママとしては、少しでも時間を作ったり、ストレスを軽減させたり、何より子供が楽しく遊んでいるのならOK、という意識でスマホやタブレットを使っているのではないでしょうか。

スマホ育児の「デメリット」とは?

最近、3歳くらいまでは、「スマホ育児」があまり良い影響を与えない、と言われ始めています。どんなことがデメリットとして見られているのでしょうか?

皆さんは、「サイレントベビー」という言葉を耳にしたことがありますか?

ベビーは、笑っても泣いてもかまってもらえないと、諦めて黙ってしまいます。そのようにして、表情が乏しくなってしまうことを言います。

ベビーには、話しかけるコミュニケーションや、スキンシップをしてあげることが大切です。

ベビーの脳は、3歳までに約80%ができあがります。それまでに脳が正常に発達するには、周りとのコミュニケーションが影響を与えるのです。

まだあるデメリット。スマホ育児はデメリットの方が多い……?

ベビーの脳は3歳までに約80%ができあがります。そんな大事な時期に、スマホやタブレットに慣れさせてしまうと、ベビーのうちからスマホ依存症になってしまう恐れもあります。

それ以外のおもちゃや話しかけなどには、興味がなくなってしまうケースもあるのです。

スマホやタブレットに夢中になってしまうと、家族や周りとのコミュニケーションが少なくなり、脳の発達が遅れて、言葉や感情をうまく表せなくなってしまいます。

そうすると、保育園や幼稚園でも上手にコミュニケーションが取れなくなってしまったり、遅れを取り戻すことも難しくなってしまいます。

このように、今後の成長に関わってきてしまう問題を考えると、ある程度の年齢までのスマホやタブレット育児は、デメリットの方が多いように感じられますね。

ママの育児が楽になることはとても嬉しいですが、だからといってベビーの成長の妨げになってしまうのは、喜ばしくはありません。スマホやタブレットは、今後、生きていく中で必需品なのは間違いありませんが、大人になってからでも遅くはありませんよね?

今のうちにしかできない親子のスキンシップを大切にして、感情豊かな、のびしろの多い未来をつくってあげたいものです♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。