《脱色コンバース》唯一無二なオリジナルカラースニーカーを楽しもう♪

インテリア

カラー展開が豊富で、コーディネートの差し色にも使える「コンバース」は、定番中の定番スニーカー!

定番ゆえに、人と被ってしまう悩みもつきものですよね。

「履き古した」「色に飽きちゃった」といった「コンバース」が、みなさんのご家庭でも眠っていませんか?

今回は、そんなコンバースを蘇らせ、よりおしゃれにファッションに取り入れられる、オリジナルカラーへのリメイク方法として、今話題の《脱色コンバース》リメイクのやり方をご紹介します♪

misaki.o
misaki.o
2017.07.02

好みの色にリメイク!簡単《脱色コンバース》:やり方

@hale_510がシェアした投稿 -

《準備するもの》
・コンバース 
・コンバースが浸かるバケツなどの容器 (洗面台でもOK)
・塩素系の液体漂白剤 (ハイターなど)
・タオル類 (必要に応じて)

《手順》
① 履いたことのあるコンバースは、色ムラを防ぐため、紐を外して洗い、よく乾かしておきます。

② 綺麗になった①を、バケツや洗面台などに入れ、完全に浸かるくらいの水を入れます。

③ ②に、ハイターなどの塩素系液体漂白剤を、キャップ2〜3杯程度入れます。

④ 30分おきくらいに色落ち加減をチェックします。(画像は青→緑)

⑤ 乾くと、若干色が薄くなるため、目指す色味よりも「濃いかな?」と思う程度で引き上げます。

⑥ ⑤をしっかりと水洗いし、天日干ししたら完成!

※手順②で、水に浸けたコンバースにシワや折れができる場合は、色ムラの原因になるため、タオルなどをつま先に詰め、しっかりと伸ばすことがポイントです!

好みの色にリメイク!簡単《脱色コンバース》:カラーバリエ

こちらは、赤を《脱色コンバース》リメイクでオレンジに色変したもの。

元の色が同じでも、「ブリーチの時間」や「漂白剤の量・種類」で色落ち加減が変わるので、見ていきましょう♪

赤いコンバースは、オレンジからさらに脱色を続けると、ピンク→薄いピンクに変化するようです。

乾かした後に、思い通りの色になっていなかったら、再度脱色をしましょう。

また、何度でも脱色できるので、最初の色に飽きたら、違った色を楽しむのもいいですね♪

こちらは、右は赤。左はグレーを脱色させたコンバースです。

思い通りの色まで脱色できない場合は、漂白剤の量も足して様子を見ましょう。

「グレー」のコンバースは、こちらのようなグレージュから、上のようなベージュっぽい色に色変します。

Ruriさん(@xx_ruri_xx)がシェアした投稿 -

「薄いグレー」を脱色コンバースすると、なんと薄いピンクにも!

男性にも人気の「黒」は、脱色コンバースリメイクで、茶→オレンジ→ベージュ→クリームといった色変を楽しむことができるようです。

@nono.chang6がシェアした投稿 -

同じ茶色でも、上のような赤みの残ったものから、もう少し続けると赤みも抜けていきます。

ruiさん(@1027ruirui)がシェアした投稿 -

こちらは、オレンジっぽい茶色に色変したもの。

ローカットの《脱色コンバース》も、ファッションのおしゃれなアクセントになりますね♪

黒を脱色し続けると、こんなクリーム系の茶色に♪

紐を変えて、よりオリジナル感を出すのもいいですね。

ネイビーを脱色コンバースリメイクすると、おしゃれなグレーに♪

そのほかにネイビーは、紫にも色変するそうですよ。

元が同じ色でも、ブリーチ時間や漂白剤の濃さ・種類によって、2つとないオリジナルカラーが楽しめる《脱色コンバース》のリメイク。

さっそく試したくなるような、おしゃれなカラーがたくさんありましたね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。