パパも子供も家族みんなで実践できる!簡単片付け&収納術♪

インテリア

空前の片付け、収納ブームが続いていますが、みなさんのお家はどうですか?
メディアで取り上げられている、まるで芸術作品のような美しい収納に憧れるものの、大変そうだなぁと躊躇してしまう方も多いのでは?
今回は、小さなお子さんでも簡単にできそうな、でも効果的な片付け&収納術をご紹介します。

家族みんなでできる♪簡単片付け&収納術①やっぱりまずは断捨離から

片づけ、収納などの話題の中で、必ずと言っていいほど登場する言葉が「断捨離」。片付けと断捨離は、やはり切っても切れない関係にあるのです。

最近、片付けや収納のプロも増えてきていますが、そのような方々のお宅で、物が多い、物が溢れているというケースはほとんどありません。つまり、片付けのプロであっても物が多いと片付けが難しい、と言えるのです。

プロでも難しいことを、私達素人ができるわけがありません。片付けたい、美しい収納をしたい、と思ったらやはりまずは断捨離から、というわけです。

また、洋服や靴などの断捨離は普段から心がけている方が多いようですが、つい忘れがちなのがキッチンアイテムや文房具類。もちろん、包丁やお鍋、フライパンは用途別に数種類用意しておく必要がありますが、例えば菜箸やフライ返し、ピ-ラ-や栓抜きなどは、1つあれば十分ですよね。

またハサミやカッター、ペンなどの文房具類ですが、こちらもついつい複数所有しがちですが、基本的には1つあれば十分。ペンについてはストックや色別に数本あってもいいかもしれませんが、黒ボールペンばかり何本も必要ないですよね。

限られたスペースで上手に収納するためには、上手なスペースの活用が必須!まずは断捨離からスタートしてみましょう。

家族みんなでできる♪簡単片付け&収納術②物の定位置を決める

出典:edoone.net

断捨離ができたら、次は全ての物の定位置、指定席を決める必要があります。これが家族みんなでしっかりと片付けをしていく上で、とても重要なポイントになります。

ずばり、あいまいな場所決めは厳禁。
後々、自分でもよくわからなくなってしまうようでは、旦那さんやお子さんなど、ご自身以外のご家族はより混乱し、結局片付けられなくなってしまいます。

また、その場しのぎでとりあえず…と片付けてしまうと、後からどこへ片付けたのかわからなくなってしまい、捜索に時間を費やすことになったり、同じ物を買うはめになったりと踏んだり蹴ったりの悪循環を引き起こします。

あやふやな片付けなら、片付けないほうがまだマシ。きちんと片付けをしたいのであれば、全ての物にしっかりとわかりやすい定位置を決めるようにしましょう。

家族みんなでできる♪簡単片付け&収納術③簡単シンプルな収納方法

物の定位置が決まったら、次は収納方法を考えます。
(場合によっては、収納方法を考えてから、定位置を決めるケースもあります。)

綺麗なお家にしたいと強く思うあまり、ついついやりがちなのがテクニカルな収納方法。ほぼ自分しか使わないようなスペースであれば、工夫に工夫を重ねたテクニカルな方法でも良いのかもしれません。

ただし、家族みんなが使うスペースについては、とにかく簡単すぎるほど簡単にシンプルな方法である必要があります。

例えば、ただ箱やバスケットに放り込むだけ、というような収納方法がベスト。旦那さんやお子さんでも、簡単な片付け方であれば面倒がらずに継続できるはず。

収納本などで紹介されている方法の中には、もちろん簡単な方法もあるのですが、何度も読み返して練習しないとできないような方法も意外と載っていたりします。しかしそういった方法では、ご家族をどんどん片付け嫌いにしてしまいますし、自分自身でさえも面倒になり、継続しなくなる原因となります。

小さなお子さんでも簡単にできるようなシンプルな収納方法。これが家族みんなが片付けられる鉄則です。

家族みんなでできる♪簡単片付け&収納術④1日の終わりに、全てリセット!

片付けのプロがよく仰るのが、「1日の終わり、眠る前には全ての物をきちんと片づける」ということ。

使った後すぐに片付ける、もちろんこれが理想ですが、家事に仕事に育児に忙しいママはなかなかこうもいきませんよね。帰宅してバッグを放り出したまま夕食の準備、なんてこともしばしば。

片付けることにこだわりすぎて、他のやるべきことが疎かになってしまうのではナンセンスです。無理をせず、時には妥協することも時には大事。

ですが、1日の終わり、就寝前のほんの数分は片付けに時間を割くようにしたいところ。
疲れて眠たくて、片付けはまた明日にしよう、と思うことがあるかもしれませんが、そうなると、翌朝の目覚めは最悪。散らかった部屋の片づけから1日がスタートする、ということになってしまいます。

その日のうちであればササッと片付けられるはずが、なぜか翌朝になってしまうとさらに片付けが面倒に感じ、やたらと時間がかかり憂鬱になります。そして結局、どんどん後回しにして散らかり放題、という状態に陥ります。

必ず1日の終わりには全ての物を定位置に片付け、リセットする、綺麗な状態に戻す、ということを忘れないようにしましょう。

本などで紹介されているような美しい収納術に憧れますが、まずは今すぐできるような簡単な片付けからスタートしてみてはいかがですか?
こんな子どもでもできるようなこと、と思うかもしれませんが、これだけでも見違えるほど片付いたお家に大変身。年末に向けての大掃除と同時に、ぜひ片付けにも取り組んでみましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。