子連れでも花火大会に行けます♪気を付けたいお出かけポイント4つ

旅行・おでかけ

夏の楽しいイベントの一つが花火大会ですよね♪空に広がる綺麗な花火は見たいけれど、人込みで溢れかえる場所へ小さな子供を連れて出かけるのは心配…と、花火大会へのお出かけを躊躇してしまうママも多いと思います。
花火大会へのお出かけで気を付けたいポイントについて、ご紹介します。

子連れで花火大会♪気を付けたいポイント①”慣れ”が秘訣!

花火大会に子供を連れていく時にまず心配になるのが、大きな音に子供がびっくりしてしまわないかな?ということですよね。

普段は聞くことがないほど大きな花火の音は、1歳ぐらいまでの乳児ではやはり怖く感じてしまうそうです。2歳からは花火がどういったものか分からずに、不安になって泣いてしまう子もいます。

まずは、花火そのものに慣れさせてあげることが大切なポイント☆

小さな手持ち花火などをパパとママが見せてあげて、花火はキレイだね~など、良いイメージを与えてあげれば、花火大会での大きな花火も「この前見たのと同じものなのかな?」と思って安心するようです。

大きな花火の音にも、少しづつ慣れさせてあげましょう。メイン会場などの花火の近くではなく、最初は少し離れた場所で慣れさせてあげれば、大きな音に対する恐怖心も和らぎますね♪

子連れで花火大会♪気を付けたいポイント②リサーチは事前にすませて☆

花火大会といえば、人混みは避けられないもの。大人でも疲れてしまう人混みは、子連れでのお出かけ時にはもっとも避けたいですよね。

もし出来るなら、事前に花火大会の会場を調べておきましょう。人混みを避けられるスペースがどこにあるのか、おトイレがどこにあるのかなどを知っているだけでも安心出来ます。

オススメなのは、テーマパークや公園などで行われる規模の小さな花火大会。おむつ替えスペースがあったり、駐車場も完備されていたりします。打ち上げ数が少ないこともありますが、子供にはその方が集中力が途切れずに見れそうですね。

また、花火の煙が流れてくる風下も避けたいですね。風上(風が吹いてくる方向)が安心です。当日、風が強そうであれば、風向きもチェックしましょう♪

子連れで花火大会♪気を付けたいポイント③虫よけ&迷子対策も忘れずに☆

引用:www.uchu-nippon.com

花火大会は屋外で行われるものなので、通常のお出かけと同じく虫よけ対策が大切です。特に汗をかくと蚊に刺されやすくなります。しっかり虫よけ対策をしましょう!

また、迷子対策も大切。”もしも”が起こってしまった場合に、住所・名前・連絡先のついたものを身に着けていれば、安心です。

懐中電灯も持っていると重宝すると思います。会場に向かい始めたときはほの明るくても、花火大会が終わるころには真っ暗に。子供がこけてしまわないように足元を照らしてあげられますね♪

子連れで花火大会♪気を付けたいポイント④30分を目安に☆

花火大会へ子連れでお出かけするときには、移動時間にも気を付けたいですね☆

混雑する場所なので、ベビーカーは使わずに抱っこひもでのお出かけとなります。荷物を持っての長時間の移動は、パパもママも子供も疲れてしまいます。

徒歩でも車でも電車でも、長くても30分ほどで室内または車内に戻れる範囲でのお出かけにすると安心できます。

近くにホテルをとってしまうのも一つの手。子供になにかあればすぐにお部屋に戻れて、無理なく楽しめますね♪

子連れで花火大会へお出かけする時に気を付けたいポイントについてご紹介しました。
だいたい2~3歳から花火大会デビューをさせるママが多いそうです。しっかりと準備して不安要素を減らして、ママも夏を楽しみたいですね♪