3/4池袋に登場♡焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」

グルメ・レシピ

テスト販売1週間で、なんと10,000個が完売となった焼きたてカスタードアップルパイの専門店「RINGO」が、2016年3月4日(金)、池袋駅に初の専門店をオープンするそうです。

今回は、その「焼きたてカスタードアップルパイ」の魅力に迫ってみたいと思います♡

RINGOの「焼きたてカスタードアップルパイ」って!?

prtimes.jp

「焼きたてカスタードアップルパイ」とは、サクサクのパイにカスタードクリームを”後入れ”して完成させることによって、カスタードクリームの量が多いことが特徴のアップルパイ♡

北海道、札幌にある人気洋菓子店「きのとや」で、30年間に渡って人気を集めている商品をベースに、商品を開発したんだそう♪

「きのとや」といえば、焼きたてチーズタルトで有名ですよね。この「焼きたてカスタードアップルパイ」は本州初上陸ということで、期待も高まります。

カスタードクリーム、パイ生地、りんごへのこだわりが凄い!

prtimes.jp

RINGOの「焼きたてカスタードアップルパイ」の原材料へのこだわりは、まだまだたくさん!

カスタードクリームは、後入れにすることにこだわり、契約農家である新村牧場直送のミルクを使用することだけにとどまらず、イタリア・ロボクーボ社の最新技術のマシンにより、なめらかで、ムラのないカスタードクリームを実現させたんだそう。

そしてパイ生地は、オリジナルブレンドの小麦と北海道産フレッシュバターを使うことにより144層の自家製パイ生地を実現し、ふっくらとした高さと、繊細な食感が生み出されているんです♪

リンゴは、濃厚なカスタードクリームやサクサクのパイ生地に負けないよう、ゴロっとした食感にこだわっています。

オープン後一ヶ月は日本で始めてリンゴを栽培した地・北海道七飯町のリンゴを使用し、二ヶ月目以降は、青森県ゴールド農園の「葉とらずりんご」を使用する予定なのだそう。

ファクトリーが売り場。だから美味しい♪

prtimes.jp

そして、RINGOの「焼きたてカスタードアップルパイ」のもうひとつの魅力が、工房一体型店舗であること。製造場所で同時に販売するので、作り置きをせずに提供が可能なのです。

これなら、行列に並んでいる間も退屈せずにすみそう!

そして、洋菓子界では珍しい、美味しさを科学的に解析する「OPEN LAB(オープンラボ)」を新設。

パイ生地のサクサク感を出す小麦粉のグルテン量の割合や、カスタードクリームのなめらかさを出すメカニズムを発見したんだそうですよ♪

いかがでしたか?
原材料へのこだわり、工房一体型店舗へのこだわりだけでなく、そこから科学的解析まで加えた絶品「焼きたてカスタードアップルパイ」。これはぜひ一度、食べてみたいですよね♪

◆RINGO 池袋店
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋駅
オープン:2016年3月4日(金)開業時間10:00
営業時間:10:00~22:00
アクセス:JR「池袋駅」東口 階段上 中央改札・北改札より徒歩5分
メニュー:焼きたてカスタードアップルパイ1個370円 4個セットは1,400円(すべて税別)