高垣麗子さんも悩んだ"愛犬の赤ちゃん返り"どんな対応をしたら良い?

Cover image: ameblo.jp

飼い主の妊娠や出産をきっかけに、犬も赤ちゃん返りをしてしまうのは、家族の一員だからこそ!

2017年7月に、第一子となる娘さんを出産した高垣麗子(たかがきれいこ)さんも、妊娠中に愛犬の赤ちゃん返りを経験。

その対応に、一喜一憂したそうです。

今回は、高垣麗子さんのブログをまじえて、愛犬の赤ちゃん返りの症状や対応について考えてみましょう。

対応も知りたい!愛犬の赤ちゃん返りの症状
①甘える

ameblo.jp

愛犬も、人間の子ども同様に、『赤ちゃん返り』をすることは決して珍しくありません。

愛する家族である母親の変化を、敏感に感じ取るようです。

飼い主のそばから離れることがなく、膝に乗ったりとスキンシップが多くなるのは、甘えの表現。

高垣麗子さんの愛犬・さくらちゃんも、つんつんしてくるなど、存在をアピールすることが多くなったのだそう。

優しく声かけをして、愛犬の気持ちを落ち着かせてあげましょう!

対応も知りたい!愛犬の赤ちゃん返りの症状
②無視する

ameblo.jp

飼い主を無視したり、拗ねた態度を見せるのも、愛犬の赤ちゃん返りの症状。

名前を読んでも、いつもと違う対応をされたり、知らないふりをされたら、赤ちゃん返りかもしれません。

高垣麗子さんの愛犬も、いじけてしまう様子が見られたのだそう。

対応に悩んでしまいますが、しっかりと抱きしめて、愛情を言葉にしてみましょう!

対応も知りたい!愛犬の赤ちゃん返りの症状
③後追いする

ameblo.jp

飼い主の姿や気配を感じないと不安になってしまい、どこでもついてくる後追いの症状。

人間の赤ちゃんが、お母さんの後を追う動きに似ています。

中には、トイレやお風呂までついてくる愛犬もいるようで、飼い主さんとしては心配になってしまいますよね。

『いつも一緒だよ』と声をかけて、心を安定させてあげましょう!

メンタルが安定すれば、後追いの症状はおさまるはずです。

対応も知りたい!愛犬の赤ちゃん返りの症状
④トイレを失敗する

ameblo.jp

トイレの失敗が続くのも、愛犬なりの寂しさの表現なのだとか。

飼い主さんの気を引こうとして、粗相をしてしまうことがあるようです。

赤ちゃん返りの症状だと感じたら、できるだけ叱らずに、そばにいる時間を増やすと良いでしょう。

妊娠中は、つわりなどで散歩に行けなかったり、なかなか構ってあげられない時期もあります。

産後に外出できない時期もあるので、周りの方に頼って助けてもらいましょう。

対応も知りたい!愛犬の赤ちゃん返りの症状
⑤いたずらする

愛犬の赤ちゃん返りでは、気を引こうとして、いたずらをする症状も……。

愛情が自分以外のどこかに向いていることを感じると、叱られることがわかっていても、自分の方に意識を向かせようとするのだとか。

産後に多い症状なので、「赤ちゃんと同じく大切な存在なんだよ」と伝えてあげましょう!

▶︎妊娠中から愛犬に伝えておきたいこと

赤ちゃん返り対策には、何よりも、愛犬への愛情を持った触れ合いが大切です。

愛情がどこかへいってしまうのでは?という不安を持たせずに、妊娠中に赤ちゃんが生まれるということを伝え続けましょう。

気持ちがきちんと伝わると、自分の弟や妹が生まれたかのように、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をするようになるのだとか。

愛犬の心の成長は、飼い主の関わり方で大きく変わります♡
犬の赤ちゃん返りについて、お届けしました。

愛犬に愛情たっぷりな様子が伺える高垣麗子さんのブログやインスタも、参考になりますね。

新たな家族を迎える準備の時間は、愛犬にも必要です。ぜひ、参考にしてみてください。

赤ちゃん返り 対応

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛な、ママライターです。

>もっとみる