赤ちゃんがお腹にいるのは奇跡♡妊娠中に気をつけたいポイントとは?

子育て・ライフスタイル

妊娠がわかって嬉しい反面、何に気をつけたら良いのか悩むことはありませんか。自分のお腹にもう一つ命が宿っている、本当にすごいこと。
妊娠も出産も、奇跡ですよね。かけがえのない命を大事に大事に、育てて行きたいですね♡
今回は、わたしが産院の先生に言われたことをご紹介します♪

笹川香織
笹川香織
2015.11.04

赤ちゃんのために妊娠中気をつけたいポイント①葉酸を摂ろう♪

出典:kenko-ikumo.com

葉酸とは、ビタミンB群の一種であり、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを下げる働きがあると言われ、妊娠前〜妊娠中にとても大切な栄養素です!

妊娠中の必要量は、400ugと普通の人よりも多めです。大切な栄養素なのに、9割の妊婦さんが不足しているそうです。

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれるので、バランスの良い食事が一番ですが、悪阻の時などは食事から必要量を摂るのは難しいこともあります。そのような時には、効率良く摂れるサプリメントがオススメです!

赤ちゃんのために妊娠中気をつけたいポイント②鉄分を摂ろう♪

出典:www.kyounoryouri.jp

わたしは元々貧血なので、妊娠中は鉄剤を処方されて飲んでいました。そうでなくても、妊娠中は赤ちゃんにも血液が送られるので、貧血になりやすいようです。

鉄分と言ったらレバーですが、レバーにはビタミンAが含まれるので、食べ過ぎに注意です。葉酸サプリを飲んでいたので、わたしは、なるべく食事で鉄分を摂るようにしました。食事はやっぱり和食が一番♪

オススメは小松菜。鉄分の吸収を助けるビタミンCが含まれているので、ごま油でさっと炒めたものを良く食べていました!

赤ちゃんのために妊娠中気をつけたいポイント③ストレスを溜めない

出典:semneletimpului.ro

妊娠中は、なんだかイライラすることがあります。ホルモンバランスが崩れているから、仕方のないことかもしれません。

悪阻があったり、お腹が大きくなって、妊娠前と同じように動けない、家事がちゃんとできない、友達は楽しそうにしてるのに遊びに行けない、などストレスが溜まりやすいです。

わたしは申し訳ないことに、主人にイライラしていました。顔を見ると素直になれないので、LINEで謝っていました。

マタニティビクスやプール、ヨガ、アロママッサージなど、マタニティの時しか通えない習い事をすることで、リフレッシュできますよ♡妊娠中はなるべくストレスを溜めないように、過ごしましょう。

赤ちゃんのために妊娠中気をつけたいポイント④体重管理について

妊娠中は、脂肪を溜め込むホルモンが分泌されるので、妊娠前と同じ食生活をしていても、太りやすくなってしまうそうです。

それに加えて、赤ちゃんが成長してお腹が大きくなると、動くのが億劫になって、運動不足になってしまいがちです^^;でも、妊娠中に食事を減らす極端なダイエットは、もちろんダメです。

わたしは今まで体重計に乗る習慣がなかったのですが、毎日朝乗るようになってから、うなぎのぼりだった体重の増加が緩やかになりました。

前日の分は、その日に調整する。やっぱり毎日コツコツが大切ですね!

いかがでしたでしょうか。わたしは自分に激甘なので、言われたことを全部完璧にできたわけではありませんが、できるだけ気をつけて出産を待ちわびました♡
妊婦生活は長いようであっという間ですよね。貴重な時間を楽しく過ごせたらいいですね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。