”甘い物が止められない?”それは「砂糖中毒」かもしれません

美容

甘いスイーツを毎日の楽しみにしている方、女性であれば多いのではないでしょうか。ダイエットの為に食事量を減らして甘い物を食べる!という方はいませんか?

小腹が空いた時や食事後などに甘い物を摂取するのが習慣化している方は、要注意!甘党ではなく、それは「砂糖中毒」に陥っている可能性がありますよ。

牧村麻美
牧村麻美
2016.04.24

甘い物が止められない!砂糖中毒①お砂糖の恐ろしさとは?

まずは、砂糖の恐ろしい働きをしっかり理解しましょう。

私達が甘いものを摂取すると、消化酵素で分解されたブドウ糖により、血糖値が上昇します。糖の中でも砂糖は分子が小さいので、体内でブドウ糖に分解されやすく、吸収が早いのです。

特に空腹時であれば、血糖値が急激に上昇します。

その結果、血糖値を下げる働きを持つインスリンが一気に分泌されて、血糖値が急低下し、低血糖の状態を引き起こしてしまうんです。

体内が低血糖状態になると、脳は”エネルギー不足で空腹なんだ”と勘違い……。このため、砂糖を摂取したあと、空腹でないにも関わらず、砂糖を欲するようになってしまいます。

まさにこれが悪循環!負のスパイラルに陥ってしまうんです。

さらに砂糖は、脳の中で、ドーパミンやセロトニンと言う、脳内への神経伝達物質を分泌。これらの成分は、人に幸福感や癒やしを与える麻薬のような性質を持っています。

「砂糖を取ること=幸せになる」と無意識に脳が感じるようになってしまうため、その快感を得るために砂糖を摂る。

このサイクルが、砂糖中毒の恐ろしさです。

甘い物が止められない!砂糖中毒➁こんな方は要注意☆

砂糖中毒の方の多くは、「私は甘党だから。ストレスのせいで……。」と考えがち。自覚症状がないことが多いのも、砂糖中毒の恐ろしさです。

以下の項目にあてはまる場合は、砂糖依存症の可能性がありますので、要注意!

①甘いものを食べないと満足できない
②甘いものをしばらく食べていないと、ボーッとする
③お腹は空いていないのに、何か食べたくなる
④ 一口だけのつもりのお菓子が止まらなくなってしまう
⑤甘いものを食べる量が増えてきている
⑥甘いものを食べると心がすっきりする
⑦甘いものを控えようと思うが、つい食べてしまう

甘い物が止められない!砂糖中毒③私もそうでした

砂糖中毒のリスクをご紹介しましたが、実は、私自身が砂糖中毒でした。

昔から、大の甘党で、甘い物がない生活なんて考えたことがありませんでした。毎日、甘いものを食べていましたし、間食は多いのにすぐにお腹が減る。ケーキだって、2〜3個ならペロリ。

しかし、特に健康被害もなく、ただの甘党だと思っていたんです。

そんな時に、子供を妊娠。妊娠すると、月に1度尿検査をすることになりますが、糖の数値が高く、その結果、妊娠中にかかる「妊娠糖尿病」になりました。

初めはびっくりしましたが、食生活を振り返れば、まさに砂糖中毒。病院から指導を受け、血糖値の上がらない食事を心がける妊娠期間を過ごしました。

不思議なことに、砂糖を欲するのは最初の数日のみで、その後は、砂糖を欲することがほとんどなくなったんです。

甘いものを抜いた生活なんて、とても辛いと思っていたので、これにはびっくり!また、気持ち以外にも、体に大きな変化がありました。

お肌はびっくりする程キレイになり、体力もつき、イライラすることも減りました。身を持って、砂糖中毒の弊害に気付くことになった妊娠中でした。

もちろん、出産してから甘いものを全く食べていない訳ではありません。甘いものは、相変わらず大好きです♡

しかし、昔のように食べるのではなく、メリハリを付けて食べるように心がけています。

甘い物が止められない!砂糖中毒④抜け出すために

砂糖や甘いものを生活から完全に排除するのは、とても難しいこと。しかし、砂糖中毒から抜け出すためにできるコツを抑えれば、意外に簡単なんですよ♪

①甘いものを身の回りに置かない
まずは甘いものをつい食べてしまうような空間をなくしましょう。

②食べるものを変える
どうしても食べたくなったら、上質なおやつを味わいながらいただきましょう。スナック菓子などではなく、フルーツやお芋などに置き換えるのもオススメです。

③温かいお茶を飲む
お腹が減ったなと思ったら、まずは温かいお茶でリラックスする癖をつけましょう。

④イライラしたら
イライラした時には、甘いもの以外で気分をそらすようにしましょう。お散歩に行ったり、体を動かすのがオススメです。

⑤1日3食しっかりと
毎日、朝昼夜とバランスの良い食事を、ゆっくり味わいながら食べるようにします。ひと口ずつ、よく噛むように心がけてください。

いかがでしたか?気付かないうちに陥ってしまう方が多い「砂糖中毒」。続けていけば、糖尿病の他に、骨粗しょう症やうつ病になるなどの大変恐ろしい中毒です!

まずはご自分の生活を見直してみることから始めてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。