夏の旅行に♪食もアートも満喫できるおすすめビーチ4選

旅行・おでかけ

円高の今だからこそ、やはり日本の旅行を見直さなくては!
まだまだ、いいところいっぱいあります。
島国の日本には、様々な海の景色が存在。オーシャンブルーの海に広がる絶海に、港町のレトロな街並み……海ってすごい。
私が撮影で訪れた、ご飯もおいしい、旅行におすすめの最高のビーチをご紹介します♪

夏の旅行に!おすすめビーチ① ISHIGAKIJIMA『白保日曜市』

引用:www.veltra.com

夏の旅行におすすめのビーチ、やっぱり王道は石垣島・沖縄ですね。
ここの島の北部にある明石集落の名もない浜。

観光客もあまりこないビーチで、とにかく海の透明感が半端ないです!
ここに来たら一度は行って欲しい。

毎週日曜、お昼前後の「しらほサンゴ村」周辺の『白保日曜市』。
農家のお母さんや、加工食品を生産しているお姉さんたちが集まって、集落の特産品を直売。
朝採れ野菜や、海で捕れた海産物が楽しめます。またサーターアンダギー、アダンの皮で作ったバッグなど、素朴な味わいにほっとできる素敵な催しです。

<白保日曜市(しらほにちよういち)>
住所:沖縄県石垣市白保118 WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」
電話:080-8553-8848(NPO夏花事業局)
時間:毎週日曜 10:00~13:00

夏の旅行に!おすすめビーチ② きっと見たら忘れられない TAKETOMIJIMA

引用:www.hoshinoya.com

石垣島の周りにはそれぞれ個性的な島がたくさんありますが、中でもノスタルジック過ぎる集落が存在する竹富島はとにかく特別な島と呼べるはず。
琉球ならではの琉球赤瓦の屋根の平屋の家と、サンゴ石のグック(石垣)の続く集落には八重山の伝統的な風景が今もここに残っています。

約600年の歴史を誇る「種子取祭」や、ミンサー織りが有名です。
星砂として有名な「カイジ浜」や、コンドイビーチは、ここの島の魅力のひとつ。

レンタルサイクルで、島を巡ったとしても、小一時間ほど。
ぜひこの夏、ビーチを子どもと一緒に冒険のように旅行することをおすすめします。

ぜひ、泊まって頂きたい宿はこちら。

<星のや竹富島>
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
電話:050-3786-0066(総合予約)

♦︎公式サイト
http://www.hoshinoyataketomijima.com/

夏の旅行に!おすすめビーチ③ 聖地 NAOSHIMA

引用:allabout.co.jp

現代アートの島として知られる直島は、美術館の他、家や路地を舞台にした作品も見どころのひとつです。
暮らしの中に根付いたアートは、島の人たちが楽しみながら守り継いだ印象をひしひしと感じます♫人と人の繋がりを感じるそんなホッと元気になるおすすめの島です。

宮浦港には、POPアートの草間彌生の作品が!

古い民家を改修して家その物を作品化する、1998年開始の「家プロジェクト」を機に、アートな街並みに溶け込む古民家カフェや、気軽に泊まれる民宿&ゲストハウスが充実。

<直島カフェ コンニチハ> ※海が見える憩いの空間で名物のカレーをぜひ!
住所:香川県香川郡直島町845-7
電話:087-892-3308
時間:10:00~18:00(夏季~20:00頃)

<Cin.na.mon シナモン> ※和室とカフェでくつろげる 朝食付きゲストハウス 
住所:香川県香川郡直島町2310-31
電話:087-840-8133
♦︎公式サイト
http://www.cin-na-mon.jp/

夏の旅行に!おすすめビーチ④ 都会からこんなに近いのに……ITOSHIMA

引用:oginoura.com

「糸島」と言っても島ではなく、福岡県北西部にある半島で、東には福岡市、西には玄界灘に面しているため、都会生活と自然の恵みの両方が味わえるのが魅力の旅行におすすめのビーチ。

糸島に魅了されて移住する作家さんや、おしゃれなお店を出す人も多くなっている話題の島NO.1です。

福岡の天神から近く、電車や車では35分です。
福岡空港から糸島の中心・筑前前原駅まで電車か車で45分。

オーシャンビューのカフェやレストランは、週末になると旅人や地元の人々で行列になるほど。
美しい海に魅せられ移住するサーファーも多いです。

【糸島クラフトフェア】では、毎年9月下旬になると陶芸や木工など多彩なジャンルの工房に作家が集結し、糸島のもの作りに触れられます。

地産地消ものは、直売所「伊都菜彩」へ、9月には芥屋海水浴場を舞台に国内外のアーティスト60組が集結、毎年3日間にわたり開催される野外コンサート、サンセットライブも!

まだまだ本当、日本の風景を知らない自分に最近ますます反省してます。
普段は旅行でなく仕事で訪れるので、そんなにビーチなどを満喫できませんが、一つずつリストに入れて、しっかりと自分と家族との思い出に変えて行こうと思います。
海外旅行以上に、この時期は国内の浜辺への旅行、しっかりとしたいと思ってます。
皆さんもこの夏の旅行におすすめのビーチに、ぜひ行ってみてくださいね。