目からウロコ!健康&ダイエットに効果◎な”ふくらはぎ”の温め方

美容

体の中で、一番冷えてしまう部分はどこだと思いますか?実は、意外なことに“ふくらはぎ”だそうです!

ふくらはぎが冷えていると、様々な弊害が生まれます。反対に、温めることでダイエットの効果もあるのです。代謝が良くなり、痩せやすい体を作る、ふくらはぎの温め方をご紹介します♪

健康&ダイエットに効果的な”ふくらはぎ”の温め方①ふくらはぎが冷えると…

体調不良を訴える方の多くは、ふくらはぎが冷えていることが多いそうです。

ふくらはぎが冷えてしまうことで、腰痛、肩こり、不眠、肌荒れ…といった様々な症状が出ます。これは女性のみならず、男性にもよくあるそうです。

ふくらはぎには、下に降りてきた血液を循環させる役割があるのですが、冷えて筋肉や血管が硬くなると、その働きが悪くなります。

そうなることによって血流が悪くなり、さまざまな体調不良につながるのです。

健康&ダイエットに効果的な”ふくらはぎ”の温め方②顔の歪みはふくらはぎの冷えが原因?

人の頭は、23個もの骨の組み合わせでできています。その骨はほんの少しですが、動いているのです!そして、目は床と平行になろうとし、バランスを保とうとします。まずはこれを覚えておきましょう。

ふくらはぎが冷えて筋肉などが硬くなると、伸縮運動に障害が起きて、体を支えている足の裏のバランスが崩れます。

それが更に骨盤と背骨の歪みを引き起こし、体は首を傾けて、頭の位置を調整しようとします。しかし、目は常に床と平行になろうとします。

首は傾いて、目だけが床と平行。しかし、その傾いた首をもとに戻すと…。目の高さは左右で違ってきますよね?これが、顔の歪みになるのです!

このように、単純なふくらはぎの冷えが美容にまで影響するなんて、少し怖いですよね。

健康&ダイエットに効果的な”ふくらはぎ”の温め方③ふくらはぎの温め方♪

では、ふくらはぎの温め方をご紹介します!

《ふくらはぎマッサージ》
ふくらはぎの内側、真ん中、外側と3ヶ所に分けてマッサージします。しこりや痛みのある場所はゆっくりと時間をかけて、丁寧にマッサージします。さするように、痛気持ちいいと感じる力加減で行ってみて下さい♡

《寝るときはレッグウォーマーを》
寝るとき、ふくらはぎは無防備なままなので、布団をきちんと掛けても無意識に足が出てしまうことがありますよね?それを防いでくれるのがレッグウォーマーです!

でも、締め付けが強いものは避けてください。却って血流が悪くなります。レッグウォーマーは、柔らかい素材のものを見つけてみて下さいね。

《使い捨てカイロ》
おうちや仕事場で冷えを感じたら、ふくらはぎに使い捨てカイロを貼りましょう。ただし、低温やけどをしないように、必ず衣類の上から貼って下さいね。

健康&ダイエットに効果的な”ふくらはぎ”の温め方④ふくらはぎを冷やさないファッション♪

上半身は防寒バッチリ!でも、下半身は…という場合も多いですよね。

腰から下、足元までの防寒をきちんとすると、冷えを予防できます。レイヤードファッションの時は、もちろん足元もレイヤードで!レッグウォーマーを活用して下さい♡

ワンピースなどには、ヒート系のタイツがオススメです。普通のタイツよりも断然暖かいですよ!
ガウチョやワイドパンツなどには、タイツにスパッツの合わせ技で。また、ロングのムートンブーツは、冷気を断熱してくれます。

ぜひ、冷え取りファッションを心掛けてみて下さいね。

いかがでしたでしょうか?ダイエットだけでなく、冷えの悩みを持つ女性も多いですよね。ふくらはぎを温めて快適な冬ライフを送りながら、健康と痩せやすい体を手に入れましょう!ぜひお試し下さいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。