寒くなってもしっかり発汗♡自宅でセルフヨガ、始めてみませんか?

美容

段々と寒くなってきて、汗をかきにくい季節がやってきました。半身浴もいいけれど、代謝を高めるために何か軽い運動をしたいと考えている方は、「セルフヨガ」を始めてみてはいかがでしょうか?
自宅のほんの少しのスペースでできてしまうので、教室に通う時間がない方、スポーツにお金をかけたくない方にもオススメです!

西岡麻央
西岡麻央
2015.10.19

自宅でのセルフヨガで秋冬もしっかり発汗!①自宅でヨガは可能なの?

出典:woman.excite.co.jp

そんなに広いスペースは確保できない、という方でもご安心を。思っている以上に狭いところでもヨガは行えます。両手の幅のスペースが確保できれば大丈夫ですよ。

ヨガマットだけ用意していただければ、ご自宅があっという間にヨガスペースに早変わり!床と体が接触することで体が痛くなってしまったり、床が傷ついてしまうこともあるので、ヨガマットだけは購入することをお勧めいたします。

リラックス効果を高めるアロマを焚いていつもよりライトを暗くすれば、サロンのような贅沢な空間ができあがります。

自宅でのセルフヨガで秋冬もしっかり発汗!②あなたは朝ヨガ派?夜ヨガ派?

出典:www.c-pon.com

改めて考えてみるとすぐに納得できることですが、実は朝と夜ではヨガを行う目的が全く違ってくるのです。

朝ヨガは、目覚めを良くして血行を促進させてくれます。朝にヨガをすることで、その日のお化粧のノリが良くなったり、新陳代謝がUPして痩せやすい体質になるという効果があるのです。

一方で夜ヨガは、朝ヨガのように活発に動くことを目的には行いません。一日の疲れを癒したり、深い眠りにつくためのリラックス効果を目的に行われるのが一般的です。

家族に手を取られない時間帯を見計らって行うことが多くなるとは思いますが、このような効果の違いをきちんと把握した上で、ご自身の身体の変化を感じてみてください♡

ちなみに、忙しいママさんには夜ヨガがオススメです!10分程度の短い時間でできてしまうものが多いためです。「眠る前にベッドの中で軽く行うだけでOK」というポーズもあるので、ご紹介いたしますね。

自宅でのセルフヨガで秋冬もしっかり発汗!④ベッドの上で気軽にできるヨガポーズ

特別にヨガスペースをセッティングしなくても、ベッドの上でできてしまうヨガをご紹介いたします。

◆腰が硬いと感じたり、痛みを感じる場合
オススメしたいのは「一本足のポーズ」です。

1. 仰向けになって片脚を伸ばして上げる。
2. 足裏にタオルをかけ、両手で持ったら無理なく引き寄せストレッチをする。

◆ストレスで寝つきが悪い場合
オススメしたいのは「骨盤を動かす呼吸」です。

1. 仰向けで寝転がり、両膝を立てる。両手を腰骨に置く。
2. 息を吸っておへその下を大きく膨らませ、骨盤を脚の方へ転がして腰を反る。
3. 息を吐きながらお腹をへこませて、骨盤を頭の方へ転がし、腰を丸める。
4. 前後に転がる「ゆりかご」のように、骨盤を転がして呼吸を繰り返す。

ヨガを習ったことがないという方は一体どのようなポーズをとるのか、分からないことが沢山あると思います。本で調べるよりも動画の方が分かりやすいので、YouTubeなどで検索してみてください。

「ヨガ レッスン」「ヨガ ポーズ」などで検索すると動画が沢山出てきますよ。色々なポーズを1度にしようとせずに、1日1ポーズと決めて集中して行うのも良いと思います。

自宅でのセルフヨガで秋冬もしっかり発汗!④マタニティーさんにもオススメ☆

妊娠中は女性の体が最も急激に変化する時期と言えますよね。ホルモンバランスが変わったり、骨盤が広がったり、お腹が出ることで腰が前に引っ張られてむくみやすくなったりもします。

そんな時にもヨガは体のバランスを整える良い働きをしてくれると言われています。難しいことをする必要はありません!呼吸を意識的に行うことだって立派なヨガなんです。

ご自身の体調を考えながら、無理のないセルフヨガに挑戦してみてはいかがでしょうか?

◆幸せを運ぶ呼吸法
お腹の赤ちゃんがいる場所を意識しながら、息を吸った時に、赤ちゃんの所へ新鮮な空気や満たされた心、栄養といったプラスのイメージを取り込むようにしてみてください。

逆に息を吐く時は、老廃物や手放したいものといった、マイナスのイメージを一緒に出すようなイメージで行うと、幸せな空気に包まれます。

◆骨盤矯正に効果的なカエルのポーズ

1.足幅を肩幅に広げて、がに股でしゃがむ。
2.両手を合掌にし、肘で膝を外側へ広げる。

時間も手間もかからない呼吸やポーズで、体のバランスを整えてあげてください♡

教室へ行かずに自宅でセルフヨガをすることに少し抵抗がある方もいらっしゃたのではないでしょうか。
きちんとできているのか分からない。あまり汗をかけないかもしれない。色々な不安はあるかもしれませんが、何より大切なことは、身体ときちんと向き合う時間を確保することです。
伸ばして痛気持ちいいと感じる部分やコチコチに固まってしまっている部分など、自分の身体と向き合えば必ず発見があるはずです。頑張りすぎずに気軽に始めて、じんわりと気持ち良く汗をかく習慣を身につけてみませんか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。