爆売れ!ダイソー《マグネット缶》のおしゃれな"見せテク"大研究

Interior

透明な窓から中身が見えることから、インテリアにも、収納グッズとしても大人気のDAISO(ダイソー)の《マグネット缶》。

プチプラなのに、幅広い使い道が魅力で、大人買いする方が多いアイテムです。

その使い方や、おしゃれな見せ方のテクニックを見ていきましょう♪

misaki.o
misaki.o
2017.01.04

収納&おしゃれインテリアが同時に叶う♡ダイソー「マグネット缶」の活用術

キッチンでダイソーのマグネット缶を使う方の多くが、シナモンやローリエなどのおしゃれな調味料保存ケースとして、活用されています。

他にも、茶葉や乾物など、常温保存できるものに適しています。

冷蔵庫に付けておくこともできますし、キッチン収納棚をマグネット対応のシートに張り替えて使うと、カフェのようなキッチンになりますね。

お弁当作りで使うピックやカップなどの細々したものも、ダイソーのマグネット缶にIN!

キッチンには、冷蔵庫以外にもマグネット対応の場所がもう1つ……レンジフードがあります。

毎日使うものだからこそ、身近なところに置きたいですよね。

また、輪ゴムやワイヤーリボンなどの文房具から、ボタンといった細々としたパーツまで、幅広く収納ができます。

ダイソーのマグネット缶をインテリアとして活用する方には、写真のようにフェイクグリーンを入れるのも人気です。

お部屋の中に少しグリーンがあるだけで、アクセントにもなり、癒しを感じられますよね。

ダイソーのマグネット缶を使い、季節に合ったシールや飾りを付けたり、中に入れることで、イベント感あふれるインテリアにも早変わり!

ハロウィンやバレンタインなどでは、マスキングテープでデコレーションし、ギフトボックスとしてお菓子を詰めて渡すのもいいですね。

他にも、ダイソーのマグネット缶に好みのファブリックなどを貼ることで、インテリア感の薄い文房具類も、おしゃれに隠せて、見せる収納が叶います。

こちらはIKEA(イケア)のマグネット缶を使用されていますが、100均で販売されている転写紙やシールを貼ることで、中は見えたまま一味違ったオリジナリティ溢れる缶に変身させることができます。

ダイソーで大人気の《マグネット缶》は、まだまだ豊富な使い方があります。みなさんが大人買いされるのも納得ですね♪

インテリア作りに活用したり、調味料保存や文房具収納として、さっそく活用してみませんか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。