子どもの思い出は残しておきたい♪「夏休みの作品」の整理術4つ

園や小学校では、学期末ごとに絵や工作などの持ち帰りがあります。

夏休みには、自由研究などで大型作品を作ることも。

ママにとっては、子どもの成長が嬉しいものの、頭をよぎるのが作品の整理・収納法についてではないでしょうか。

そこで今回は、夏休みの作品の整理術をご紹介します。ぜひ、参考にどうぞ!

子どもの夏休み作品整理術①スクラップを作る

夏休みの作品の整理術のひとつとして、「スクラップを作る」方法があります。

作品を全て、そのままの状態で保管しておくことは、収納場所の面で難しいもの。

お気に入りの部分だけを選んでスクラップブックに貼っていけば、本棚にもすっきり収まるようになります。

全てをスクラップにすると、大変な作業になるので、とっておきたいものを優先的に選びましょう!

子どもと一緒に作品を選ぶのも、おすすめですよ♡

子どもの夏休み作品整理術②写真に残す

子どもの夏休みの作品整理では、「写真に残す」方法もおすすめです。

たくさんの中から、写真を撮りたい作品を選んでもらいます。

そして、作品と一緒に子どもも写真撮影します。

毎年恒例にしておけば、子どもの成長記録写真にもなりますよ。

「これだけは特別!」というものは、額装して飾っても良いかもしれませんね♪

子どもの夏休み作品整理③しばらく展示

子どもが一生懸命作った夏休みの作品。

残念ながら処分してしまうなら、しばらく展示してみてはいかがでしょうか?

自分が作った作品を家族に褒めてもらう機会は、子どもにとって何よりもかけがえのない時間。

季節ごとに作品を飾り、季節が終わったら写真に撮って処分するとすっきり片付きます♪

子どもの夏休み作品整理術④フォトブックに残す

最近は、スマホで手軽にフォトブックが注文できるサービスも増えました。

このフォトブックも、子どもの夏休みの作品の整理に役立つんです。

アルバム作りの時間がなかなかない……というママでも、スマホで写真を撮って、そのまま注文できます。

きれいに製本されたフォトブックは、これまでの作品をさらに輝かせてくれそう。

複数注文して、離れて暮らす祖父母へ直接プレゼントとして送ることもできますね♡
夏休みの作品の整理術を4つ、ご紹介しました。

今まで、なかなか整理できなかったというママ。ご紹介した整理術なら、愛情たっぷりに、別の形で作品を残すことができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね♡

子ども 作品 整理

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる