もう手抜きなんて言わせない!スーパーのお刺身を上手に盛りつけるコツ♡

グルメ・レシピ

日ごとに暑さが増して、コンロの前に立つのも一苦労の季節がやってきましたね。
今日は豪華に、ちょっぴり手を抜いてお刺身メインの食卓にしたい日もあると思います。
しかし、スーパーで買ってきたものをそのままお皿に移し替えるのでは美味しさも見栄えも半減してしまいます。
少しの工夫でパックのお刺身が和食屋さんの盛り合わせのように変わる、盛りつけのコツをご紹介します♡

お刺身の盛りつけ方のコツ①立体感

引用:www.nissui.co.jp

盛りつけのポイントは、まず立体感を重視すること。これはお刺身に限らずどんなお料理にもいえることです^^

例えば、お刺身を寝かせるように3切れ置いたらその上に立てかけるようにしてもう3切れをのせます。切り身ををスライドさせるようにして扇形に置くのもオススメ♡

また、小さなお皿の全体に盛るよりもあえて大きいお皿を選び、空間を広くとることでオシャレな盛りつけに仕上がりますよ♪

お刺身の盛りつけ方のコツ②青じそを活用する

切り身は立体感をつけて盛ることができるけれど、うにやいくら、小柱などはそうはいきません。小皿に移しても良いけれど、せっかくならば見栄えよく仕上げたいですよね。

そんな時に便利なのが青じそ♡しその葉1枚の上にこんもりと盛りつけ、薬味をのせて大皿の上に置きます。この時、切り身とのバランスを考えながらサイドに寄せるように盛りつけるとバランスが良くなります。

こうしておくことで食べるときも取りやすく、緑が入るのでお皿全体がより華やかになりますよ^^

お刺身の盛りつけ方のコツ③敢えて崩す

引用:muffin-net.com

お刺身の盛りつけで一番手をやくのは、いかのお刺身。せっかく綺麗に細切りにされていても、盛りつけるときにはズレてしまって見栄え良く仕上がりません。

そんな時は概念を変えて、敢えて崩してしまうのがオススメです♪思い切ってバラにして天盛りにし、貝割れ大根やスダチを添えます。こうすることで立体感も生まれ、より美味しそうな盛り合わせに仕上がりますよ^^

お刺身の盛りつけ方のコツ④薬味も忘れずに

引用:www.nissui.co.jp

お刺身の盛り合わせにおいて、お店と自宅の最大の違いは「薬味」の使い方。面倒だからと、自宅ではチューブの生姜やわさびなどを醤油皿に使ってすませてはいませんか?

薬味はお刺身と一緒に大皿に盛るだけで、格段に華やかさがUPします!生姜やわさびだけでなく、ミョウガやしそ、薄切りのタマネギ等を添えてボリュームを出してみてください。

スーパーのパックとは思えないほど華やかなお刺身盛り合わせが出来上がりますよ^^

いかがでしたでしょうか?
スーパーで買うお刺身を、自宅でお店のように綺麗に盛りつけるコツをご紹介しました。
「今日は手抜き?」なんて思われないように、是非華やかに盛りつけて食卓を彩ってみてくださいね^^