理想のランドリーを叶える!《動線》づくりと3つのポイントとは

インテリア

小さいお子さんがいるご家庭では、自然とお洗濯の回数も増えます。

家族が毎日出入りするランドリーは、脱いだ洋服やタオル・洗剤などが散乱すると、どうしてもゴチャついて見えがち。できるだけ効率良く、そしてすっきりと気持ち良く使えるようにしたいですよね♪

今回は、理想のランドリーを手にいれるコツをお伝えします。

洗濯機周りに使うモノを集めて《動線》を最短化!

引用:

洗剤やハンガーを床置きしたり、別々の場所で管理していませんか?

モノは、使う場所に収納するのが一番効率的です。とはいえ、洗濯機周りは大抵収納スペースが狭く、作り付けの棚がない場合もあります。

まずは床置きをやめ、DIYで棚をつけたり、スチールラックを利用するなどしてタテの空間を活用し、洗濯グッズの置き場所を確保しましょう!

ランドリーには、【汚れ物置き】【洗う】【干す】という3つのシーンがあります。それぞれのシーンで使うモノを全て集約できると、動線が最小限で済みますよ。

[例1]洗剤のストックは洗濯機周りに

洗剤のストックは、どこで保管していますか?納戸や廊下収納でしょうか。詰め替えが「ちょっと億劫だな」と感じたり、「また今度」と思っていませんか?

本来は、洗剤がなくなった時に補充するのが最も効率的で時短できます。ストックも、洗濯機周りに収納する方が、あっちへ取りに行ったり、こっちで詰め替えたりという移動が省けます。

[例2]パジャマや肌着を入れる引出しをランドリーに設置

乾燥機派なら、パジャマや肌着を入れる引出しを置くのもオススメです。「乾燥機から出して、入れるだけ!」の簡単収納ができます。

入浴の際、クローゼットや寝室から持ち運ぶ手間も省けて一石二鳥ですよ。

ぜひ「今までこうしていたから」という固定概念を捨てて、自由に「ここにあったらいいな。ラクちん!」と感じる動線を意識してみてくださいね。

よく使うモノは『ゴールデンゾーン』にワンアクションで♪

人がモノを出し入れする時、一番ラクな位置は、腰から目の高さの範囲内。これを『ゴールデンゾーン』と言います。

使用頻度の高いモノをこの位置に収納すると、効率的でストレスフリーに出し入れができます。ワンアクションで取り出せると、更に効果的!

あまり使わないモノが『ゴールデンゾーン』にあって、よく使うモノが散らかっている……という場合は、ぜひ置き場所を見直してみましょう。

『ゴールデンゾーン』を中段として、使いやすい順は中→下→上となります。

たまに使うモノや重たいモノは、下段に。上段には、あまり使わないモノや軽いモノを収納しましょう。

すっきり見せるコツ①カゴやケースに入れてグルーピング&色を揃える

洗濯機周りのアイテムは、ごちゃごちゃと煩雑になりがちです。お気に入りのカゴやケースに入れて、直接目に入らないようにすれば、生活感を減らせてセンスUPできますよ♪

洗剤・柔軟剤・漂白剤などの「洗剤セット」、ハンガー・ピンチなどの「干す時セット」など、一緒に使うモノ同士をグルーピングしておくと、無駄が省けて効率的!

ワンアクションで取り出したいモノは、ケースに入れずに置いてもOK。

その場合は、色を厳選して揃えましょう。ホワイトやベージュなど、清潔感のある色合いがオススメです。

特にオススメしたいのは、洗剤ボトルの色を揃えること。

お洒落な詰め替え専用ボトルもありますが、市販のラベルをはがすだけでもシンプルで素敵です。

複数並べる場合は、同じ種類のボトルに入れ替えると、劇的にスッキリとして見えますよ♪

すっきり見せるコツ②タオルは適正量だけを置く

ランドリーにタオルを置いているご家庭も多いですよね。いただき物や粗品でもらう機会が多い場合、知らぬ間に増え、大量のタオルで溢れてしまいます。

毎日使う枚数を意識して、ランドリーに置くのは適正量だけにするのがポイントです。

[適正量の決め方1]引出しやカゴの専用スペースに「入るだけ」と決める

とても簡単で、分かりやすい方法ですね。

[適正量の決め方2]使う人数と洗濯回数で決める

例えば、4人暮らしで毎日1人1枚、2日に1度の洗濯であれば、4人×1×2日で8枚。予備でプラス4枚あれば、充分でしょう。

思い切って全て同じ種類で買い揃えるのもオススメです。消耗度が均一になり、入れ替えの目安も分かりやすくなります。

何よりホテルのような統一感が出て、とても気持ちが良いですよ♪

すっきり見せるコツ③清潔感を保つには「こまめにサッと!」

衣類のホコリや湿気が多く、しばらく放置すると汚れが溜まってしまいがちなランドリー。乾燥機派なら、フィルターのお手入れも頻繁にしなくてはいけませんよね。

お掃除ブラシやウェットティッシュなど、気がついた時にサッとお掃除できるよう、お手入れセットも近くに置けるといいですね。

常にすっきりと、清潔感のあるランドリーがキープできるでしょう!

理想のランドリーを叶えるための《動線》と3つのポイントをご紹介しました。

洗濯は毎日のことだからこそ、不便さや違和感があるとプチストレスが積もります。その代わり、ちょっとした動線の工夫で劇的にラクにもなります。

使うモノを使う場所に。動線とゴールデンゾーンを意識して、ぜひあなたの理想のランドリーを手に入れてくださいね♪