正しい「ムダ毛のお手入れ」キレイ肌が続く”カミソリ”の使い方

美容

女性がムダ毛を自己処理する際、一番多い手段が「カミソリ」を使ったシェービングだそうです。

手早く処理できる方法ではありますが、黒いポツポツが残って気になったり、肌トラブルを起こしたりという経験がある方もいるのでは?

今回は、「カミソリ」でムダ毛を剃る時の正しい処理方法をご紹介します。

奥島 美帆
奥島 美帆
2016.05.06

正しい「ムダ毛のお手入れ」手順①入浴する

まずは、剃る部位を清潔にしておくことが大事です。

肌に雑菌がついたままだと感染症のリスクが高まるので、剃る前に入浴して、綺麗にしておきましょう。使うカミソリも清潔に保って下さいね。

また、入浴すると毛が水分を含み、柔らかくなります。

さらに、温められることで毛穴が開き、抵抗が減って毛が剃りやすくなるので、お風呂に入れない場合は、蒸しタオルを使って温めると良いですよ。

正しい「ムダ毛のお手入れ」手順②シェービング剤を使う

カミソリでお手入れするときには、必ずシェービング剤を使いましょう。

肌のすべりを良くして摩擦を減らすことで、カミソリの刃から肌を守ってくれます。

ボディソープや石鹸などは、すべりは良くなっても肌を守る役割がなく、乾燥を招く原因にも繋がります。

また、一番おすすめできないのが、何もつけずに行う「から剃り」です。こちらは、肌に摩擦を与え、傷をつけるだけです。

間違ったお手入れで繰り返し肌に刺激を与えると、防御反応として黒ずみが起きたり、毛がさらに濃くなったりすることもあるそうなので、注意したいですね。

正しい「ムダ毛のお手入れ」手順③優しく剃る

ムダ毛をしっかりなくそうと深剃りし、「カミソリ」の刃を”ぎゅっ”と押し当てて剃る方がいますが、これはNG!

肌の必要な角質までも剃ってしまいます。

空いている方の手で、肌を”ぴん”と張るようにして、優しく刃を滑らせるように剃りましょう。

基本的には、毛の流れに沿って剃る方が負担はかかりません。

どうしても「逆剃り」したい箇所は、その部分の毛をハサミやフェイスシェーバーなどで短くしてから行いましょう。肌への負担が減ります。

正しい「ムダ毛のお手入れ」手順④剃り残しのチェック

一度全体を「カミソリ」でお手入れしたら、シェービング剤ごと洗い流すか、ホットタオルで拭き取り、剃り残しがないか確認します。

最初から剃り残さないようにと、何度も往復して剃ることは、肌の角質を傷つけるので、やめましょう。

剃り残しが見つかったら、再度シェービング剤をつけて、その部分だけ優しく剃りましょう。

できれば二度剃りはしたくないので、剃り残しは、フェイスシェーバーを使って処理するのがベターです。

正しい「ムダ毛のお手入れ」手順⑤スキンケア

「綺麗に剃れた!」と安心してしまい、アフターケアを疎かにしていませんか?

カミソリでお手入れした後の肌は乾燥しがちですので、ローションやクリームなどでしっかりと保湿をしましょう。

また、カミソリによって、肌には目に見えない傷がついていますので、刺激のあるタイプのローションなどは避けた方がベター。

もしも肌がヒリヒリする場合には、冷たいタオルで冷やして、クールダウンさせて下さいね。

いかがでしたか?「カミソリ」での間違ったお手入れをしていた方は、ぜひ見直してみましょう。ほかにも、肌トラブルを起こしやすい生理中は避けるなど、工夫をして行って下さいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。