職場復帰には問題がつきもの?子育てと仕事両立の注意点

子育て・ライフスタイル

最近では珍しくなくなった夫婦の共働き。
ですが共働きの夫婦に子供ができて、女性が職場復帰するときにはいろいろな問題がつきものです。
早速1つずつご紹介していきます。

子育てと仕事の両立の問題① 保育園の確保

出典:news.mynavi.jp

現在、ご自身の住んでいる地域の保育園の入園倍率はどれくらいか知っていますか?また待機児童という言葉を聞いたことはありますか?

地域によっては、待機児童がいない地域もありますが、多くの地域では保育園に入りたくても定員を上回ってしまい入園を断られる地域がまだまだあるのが現状です。

産休、育休が終われば職場復帰したいと思う女性も多いはずですが、まずは、本当に入園ができるのかどうか、早めに保育園の確保をしなければ職場復帰は難しくなってしまうかもしれません。

子育てと仕事の両立の問題② 会社のサポートを知る

運良く、保育園に入園することができたら、その次に知っておきたいのは、自分の会社の子育てのサポート体制です。

企業の中には、保育園を会社の中に設けている会社もあるのですが、まだまだ日本ではメジャーではないのが現状ですね。
ですが、正社員でも時短勤務ができ、保育園のお迎えの時間に間に合うように帰ることができるなど、企業ごと地域自治体ごとに取り決めがある場合があります。

是非、職場復帰の前に自分の会社の制度がどのようになっているのか、しっかりと確認しましょう。

子育てと仕事の両立の問題③ 万が一の時のサポートを知る

保育園への入園が決まっていて、時短勤務もできることがわかった。しかし、必ずしも自分が働いているときに子供を預けられるとは限らないということも知っておく必要があります。

例えば、土日祝日は子供を預けられない保育園があることもありますし、子供が熱を出すといったトラブルがあれば、すぐ呼ばれてお迎えにいかなくてはなりません。

そんなときに、すぐにお迎えに行ける職場の環境なのか。それとも、親などのサポートが必要になってしまうのか、事前にしっかりと確認したいですね。

子育てと仕事の両立の問題④ 子供が寂しい思いをしないか

保育園に子供を預け、仕事をすることはなにも悪いことではありません。
子供も親の元を一時的にでも離れて、保育士さんや、他の子どもたちと触れ合う時間を持つことで、ある程度の自主性を学ぶことだってできます。

しかし、やはり気になるのは子供が本当に寂しい思いをしていないか、ですよね。
働くママにとって、保育園で保育士さんに見てもらえる安心感というのは、育児ストレスの緩和にもなり、とても大切なことです。

ですが仕事が休みの日には、十分すぎるくらい子供と触れ合い、遊ぶ時間を確保してほしいのです。子供は思っているよりも早くから、親が仕事に行っていて、自分は預けられているということに気付くものです。

そんな中でも、ママが頑張っている姿をかっこいい!と思ってもらえるように。そして、愛情がいっぱいなんだよ、ということを子供にしっかり伝えることが、一番大切なことではないでしょうか?

いかがでしたか?
仕事をするママだからこその不安や、子供に寂しい思いをさせないか、と不安になってしまうのは当たり前のことです。
ですが、子供が成長したとき「ママはお仕事を頑張っていてかっこいいね!」と言ってもらえるような育児を目指したいですね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。