【吉川ひなの】栄養をしっかり摂取して健康美人に❤︎最近はまってる分子整合栄養医学について。

美容

色んな食事法や健康法があるけど、わたしは何が一番自分に合っているのか色々試しながら模索中。ちょっと前まではヴィーガンとまでは言わないけど、動物性のものを食べるのを最小限にしていました。
今はまた食事法をガラリと変えて、動物性タンパク質をしっかり摂る分子整合栄養医学式食べ方をしてみています。

わたしが分子整合栄養医学に出会ったきっかけ

わたしが分子整合栄養医学に出会ったのは何年か前に、「お肉を食べるのをやめてみる!」と言い出して、超肉食である彼(夫)は、「それじゃあ家でお肉が出てこなくなるの??それは大変!」とわたしにお肉の栄養がどれだけ大事か書かれている本を渡してきたとき。

それが分子整合栄養医学の本で、とっても魅力的で勉強になる本だったんだけど、その時のわたしはそれでもやっぱりお肉を最小限にしてみたい気分だったから、頭の片隅にしまいつつ、自分のやりたい食事法を貫いていました。

何年か経ったいま、またその本を読み返してみて、今度は今の自分にとてもしっくりきたのでさっそく自分の体の状態は今どうなっているのか、分子整合栄養医学の先生の元、血液検査をしてみることに。

写真はとても大切なタンパク質をしっかり摂れて重宝しているヘンプパウダーです。

血液検査の結果は……貧血!

血液検査の結果は、今まで一度も言われたことなかったけど、貧血、でした。その他にも色々。分子整合栄養医学的に検査してもらうと、普通の血液検査の数値の見方とは違うみたいです。

「あー、そう言えば立ち上がったとき目の前真っ暗になるときあるけど、あれは貧血だったのかー。慣れちゃってなんにも考えてなかったなー」なんて思いながら、先生に、食事の仕方やサプリの摂り方を指導してもらいました。

もうとにかくね、今までとはガラリと違う食べ方。お肉お魚卵をとにかくモリモリ食べるの。卵のプロテインスコアは100なんですって。

娘と平飼いされてるトリさんの卵をいただきに、オーガニックファームへ行ったりして、新鮮卵をゲットしています。
しかも、お肉やお魚、卵はGI値が低いので、そこもとても魅力的!

分子整合栄養医学式、食事法にしてからの変化♪

炭水化物(糖質)を今までより減らして、タンパク質と野菜でお腹いっぱいになるように食べる癖がついてまず変わったことは、代謝が上がった!
今まで寒くて仕方なかった冷房キンキンのお店も、前より寒くなくなりました。

あとね、料理がとってもらく〜〜!
こんな感じで、ワンプレートにお肉かお魚か卵か、それに炭水化物(お米や雑穀)を少々、野菜を多めに、よけいな味付けはあんまりしない。

あ、わたしの場合、分子整合栄養医学プラス、勝手に糖質制限と体作りも考えてのメニューです。

足りない栄養素はサプリで!

血液検査の結果で足りてない栄養を補うため、先生がどんな栄養素(サプリ)を毎日どのくらい飲めばいいか指導してくれます。

今は色んな栄養素をちょっと多めに摂っているんだけど、中でも大事なのがビタミン。

こちらはビタミンCのお気に入りサプリで、カムカムというアマゾンの森林に自生している野生種の真っ赤な果実からナチュラルに作られているの。一粒に含まれてるビタミンCの量の多いこと!やっぱりビタミンCは一年通してしっかり摂っておくのがいいですね。

他にはターメリックのサプリも飲んだりしています。

今回は、最近はまってる分子整合栄養医学式、今のわたしの食事法についてご紹介しました❤︎
人はそれぞれ自分に合ったやり方があると思うので、みなさんもぜひ、自分のベストを見つけてくださいね!