低カロリーでヘルシー!リコッタチーズのアレンジレシピ♪

グルメ・レシピ

料理にもスイーツにも使えるリコッタチーズ。
塩分も控えめで低カロリーという、実はとても優れた食材なのです。
さて今回は、自宅で簡単にできるリコッタチーズの作り方や、リコッタチーズを使ったアレンジレシピをご紹介いたします♪

リコッタチーズって、そもそもどんなもの?

引用:www.recipe-blog.jp

良く耳にするリコッタチーズですが、このリコッタチーズは一体何からできているのかきちんとご存知でしょうか?

そもそもリコッタとは、イタリア語でri(再び)cotta(加熱した)という意味なんです。
ミルクからチーズを作っている時に、その副産物として出る「ホエー」を再加熱したもののことをリコッタチーズと呼んでいます。

実はこのリコッタチーズ、自宅でもお手軽に作れてしまうのです。
朝ご飯のパンケーキに添えたり、サラダに入れたり、使い方は沢山!
手作りのリコッタチーズの美味しさに、思わず感動してしまうはず♡

次から、リコッタチーズの基本レシピとアレンジレシピをご紹介します。

リコッタチーズの基本レシピ

引用:www.recipe-blog.jp

特別な材料は必要ありません!
シンプルな食材、シンプルな行程で作ることができるのはとても嬉しいですよね。

♦︎材料
牛乳 750cc
生クリーム   250cc
レモン汁  大さじ3
塩   小さじ 1/2

1.鍋に牛乳、生クリーム、塩を入れて沸騰直前まで加熱する。(焦げ付かないように耐熱ヘラなどでかき混ぜながら)
2.火から下ろして、レモン汁を入れてかき混ぜ、そのまま5分ほど置いておく。
3.2が分離したら、ガーゼを敷いたザルに静かに流し入れて漉していく。
4.はみ出ているガーゼの端を軽くひねり、そのまま1時間~ひと晩放置し、自然に水切りをする。好みの固さになったらリコッタチーズのできあがり。

リコッタチーズでアレンジレシピ① リコッタチーズとトマトの冷製パスタ

引用:www.recipe-blog.jp

それでは、リコッタチーズを使ったアレンジレシピをご紹介します。
まず一つ目は、トマトの冷製パスタ。

♦︎材料 (2人分)
パスタ          180g
リコッタチーズ      100g
トマト          2個 
バジル          8枚程度
オリーブオイル      大さじ2
めんつゆ(2倍濃縮)     大さじ3
にんにく         1かけ
塩・胡椒         適量

1.パスタを塩湯で茹でる。(冷製の時には表記時間+1分を目安に)
2.フライパンに分量外のオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて熱し、さらにざく切りにしたトマトを入れる。さっとひと混ぜしたら火を止め、ボウルに移して氷水を張った容器などで冷やす。
3.2にオリーブオイルとめんつゆを入れ、よく混ぜる。
4.茹で上がり、氷水で締めたパスタを3に入れて全体に絡める。
5.お皿に盛ってリコッタチーズ、バジルをのせ、塩胡椒で味を整えたらできあがり。

暑い時期にぴったりのレシピですね♪
にんにくも入っているので、スタミナもつけてくれますよ。

リコッタチーズでアレンジレシピ② 世界一の朝食「リコッタパンケーキ」

続いてご紹介するリコッタチーズのアレンジレシピは、リコッタパンケーキ。

◆材料(4人分 約8枚)
小麦粉        130cc
卵          2個
牛乳         100cc
リコッタチーズ    170cc
無塩バター      25g
ベーキングパウダー  小さじ1/2
塩          ひとつまみ

1.卵黄、牛乳、リコッタチーズを軽く混ぜ合わせ、そこに振るいにかけた小麦粉とベーキングパウダーを加え、さらにさっくりと混ぜる。
2.卵白に塩をひとつまみ入れ、角が立つまで泡立てたら2〜3回に分けて、1に加え混ぜる。
3.フライパンにバターを溶かし、2の生地を落とす。弱火〜中火できつね色になるまで焼いたら、ひっくり返して裏面も焼く。
4.中まで火が通ったらお皿に盛り、お好みでメープルシロップやバナナをトッピングしたらできあがり。

ふわふわなリコッタパンケーキを、ご家庭で気軽に楽しめるなんて素敵ですよね!

いかがでしたでしょうか。
驚くほど簡単に作れてしまうレシピなので、すぐにでも実践してみていただけたら嬉しいです(*^^*)
リコッタチーズは低カロリーでヘルシーなので、普段使っているチーズの代わりに使うのも良いですよ♪