赤ちゃんが泣き止む!?子どもウケ抜群のダンス「パパンがパンダ」♪

子育て・ライフスタイル

天気が悪くて外では遊べない一日。泣いてばかりの赤ちゃんに、ママもぐったり……という時もありますよね。

そんな日は親子で、赤ちゃんが泣き止むと評判のダンス「パパンがパンダ」を楽しんでみませんか?

今回は、噂の「パパンがパンダ」をご紹介します♡

赤ちゃんが泣き止む?「パパンがパンダ」①子育てから生まれた「パパンがパンダ」とは?

『パパンがパンダ』は、パンダの愉快な仲間たちが、「パパンがパン!」と軽快な手拍子に合わせて踊るショートアニメです。

“あたまからおっぱい おへそとんで ちーん”という、ちょっぴりお下品でリズミカルな歌詞が、子どもたちに大ウケ!

このフレーズは、実は『パパンがパンダ』の生みの親、田上キミノリさんの子育て体験から生まれたもの。

息子さんのオムツ換えの最中に、“あたまからおっぱい……”と歌いながら体操をしていたところ、その様子を見た甥っ子たちがマネするように。

そして、いつの間にか幼稚園でもブームになったそう♪

子どもたちが笑顔になってしまう『パパンがパンダ』は、こうして生まれました。

赤ちゃんが泣き止む?「パパンがパンダ」②ちょっぴりお下品なところがウケるポイント

『パパンがパンダ』の歌詞は、「チーン」や「ブー」など、ちょっぴりお下品なところが、子どもたちの心をくすぐるんです。

ママもパパも、頭から離れなくなってしまうはず♪

まだお話できない赤ちゃんも、この独特のリズム感や、かわいいパンダに釘付けになってしまうようですよ。

『パパンがパンダ』を見たら、いつの間にか泣き止む……という赤ちゃんも多いそう。

続いては、その赤ちゃんの泣き止み効果についてご紹介します。

赤ちゃんが泣き止む?「パパンがパンダ」③赤ちゃんが泣き止む効果抜群!

ごきげんが悪くて全然泣き止まない赤ちゃんに、ママもギブアップしそう……という時。

『パパンがパンダ』に頼ってみるのもおすすめです。

ちょっぴりお下品で単調なリズムと音楽は、子どもも分かりやすく、ついつい気になって赤ちゃんも泣き止むこと間違いなし♪

おしゃべりがまだ上手にできない赤ちゃんにも、効果抜群だそう!

思わずママも笑って、ストレスも軽減されちゃいます。

オムツ替えのついでに、実際に歌ってみても良いですね。

赤ちゃんが泣き止む?「パパンがパンダ」④ラジオ体操や演歌バージョンも!

「同じ歌だと飽きてしまいそう……」と思いますが、心配いりません。

『パパンがパンダ』には、ラジオ体操、サラリーマン、演歌などのいろいろなバージョンがあるんです!

キッズステーションで不定期放送されているほか、公式YouTubeチャンネルでの配信もされています。

親子でお気に入りの『パパンがパンダ』を楽しんでみてくださいね♡

赤ちゃんが泣き止むと噂のダンス『パパンがパンダ』をご紹介しました。

ちょっぴりお下品だけれど、思わず笑ってしまうくだらなさが、ママの心もほぐしてくれますよ♡

ぜひ親子で楽しんでみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。