2016年の春はファッションもメイクも「青みカラー」がポイント!

美容

いよいよ寒い冬も終わり、そろそろファッションもメイクにも春カラーを取り入れたいところ。20代前半の頃によく着ていたパステルカラーからは、もう卒業!

2016年の春は、大人の透明感を演出する「青み」カラーがポイントです!

榮樹実
榮樹実
2016.03.07

2016年春に注目の「青み」カラーとは?

毎シーズン変わりゆく、気になるカラーや流行色。2016年の春、ファッションでもメイクでも特に注目したいのは「青み」を帯びたカラーです!

ポイントは、「青み」からにじみ出る透明感。

どんなカラーと合わせても、「青み」が入ることにより、甘すぎず、かつクールすぎない印象になりますよ!

2016年
春メイクには、引き続き「青みピンク」を取り入れて。

昨年度からじわじわと人気が出ていた「青みピンク」を取り入れたメイク。2016年は、リップやチークで引き続き注目されています。

しっかりと色づくのに甘過ぎないピンクカラーが人気となっていますが、この「青みピンク」を使ったメイクを浮かずに上手く取り入れるには、肌のベースカラーにもブルーを使うのがコツ。

ファンデーションの前には、ブルーのコントロールカラーベースを使うことにより、肌は自然な透明感がアップすると同時に、「青みピンク」カラーのチークやリップとも統一感のあるメイクが完成します。

まだ寒い時期からでも、メイクに一つ「青みピンク」を取り入れることで、春を感じられますよ。

ヘアカラーは「ブルージュ」に注目!

季節の変わり目となると、変えたくなるのがヘアカラーです。落ち着いた色になりがちな秋冬が終わるシーズンになると、髪色も春カラーにチェンジしたくなりますよね。

冬の終わり頃から人気となっているのが、「ブルージュ」と呼ばれるヘアカラー。「ブルー」と「ベージュ」をミックスしてできた、新しいカラーです。

上品なベージュカラーにブルーを加えることにより、さらに透明感がアップ!
暗めの落ち着いたトーンであっても、しっかりと透明感が出て、重すぎない印象をつくることができます。

ヘアカットによって、上品で落ち着いた、女性らしい雰囲気を出す外国人風ヘアや、トレンドの無造作なヘアにだってマッチするのが、「ブルージュ」のポイント。

髪から春を取り入れてみては、いかがでしょうか?

ファッションはペールトーンの「ベビーピンク」を着こなして♡

毎年春になると気になるカラーが「ピンク」。晴れやかで明るく女性らしいピンクは、特に暖かい季節には目を引く可愛さですが、2016年は、例年よりさらにピンクがトレンドとして人気です。

その中でも注目なのが、ペールトーンのベビーピンク。

少しだけ青みが入ったペールトーンのベビーピンクを選ぶことで、甘すぎず、大人可愛い印象となります。

紗栄子さんも、いち早くベビーピンクをファッションに取り入れ、Instagramでもアップされています。

青みがかったベビーピンクは、高級な印象が増すのもポイント。てろんとした質感や、シンプルでも上質な生地のアイテムを選ぶことで、可愛いだけじゃない、大人のベビーピンクファッションになります。

いかがでしたか?2016年はとにかく「青み」カラーに注目です!

いっきに透明感がアップして、春らしいのに落ち着いた印象を演出できるスペシャルカラーに、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。