ハッセルバック料理はジャガイモだけじゃない♪新しいレシピをご紹介

グルメ・レシピ

以前、こちらの記事でスウェーデン料理のハッセルバックポテトについて、ご紹介させていただきました(^^)
【美味しい食べ方発見!スウェーデン料理《ハッセルバックポテト》】→http://4yuuu.com/articles/view/441589

ハッセルバックポテトは、ジャガイモを使用したお料理ですが、実はジャガイモ以外の様々な食材で、ハッセルバック料理をする事が可能♡
今回は、そんなハッセルバック◯◯のレシピをご紹介します。

牧村麻美
牧村麻美
2021.05.17

ハッセルバックのレシピ①ハッセルバック薩摩芋♡

まずは、秋である今が旬の薩摩芋を使った、ハッセルバック料理のレシピです。

薩摩芋に切り込みを入れたら、190度のオーブンで15分程じっくり焼きます。(オーブンの方が甘みが増しますが、面倒な方はラップに包んでレンジでの加熱でもOKです)

加熱すると、切り込みが広がりますので、その間にバター、チーズ、塩胡椒などで味付けをし、最後にもう1度オーブンで焼き目を付ければ、出来上がり♡

お砂糖やバターなどを入れれば、カリカリっとしたスイートポテト風のハッセルバック薩摩芋が頂けますよ。

ハッセルバックのレシピ②ハッセルバックズッキーニ♡

お次は、ズッキーニを使ったハッセルバック料理のレシピです。

ズッキーニは癖がなく、食べやすいのが魅力のお野菜。オリーブオイルとの相性が良いので、切り込みの間に具材を入れ込んだら、たっぷりのオリーブオイルを掛けて焼き上げるのがオススメです。

中に挟む具は、挽き肉やベーコンなどの脂の乗ったお肉類がオススメ♡しっとりとしたズッキーニとジューシーな肉汁が合わさり、とっても美味しいメインメニューになりますよ。

ハッセルバックのレシピ③ハッセルバック玉葱♡

出典:www.recipe-blog.jp

お次は、日持ちもする玉葱を使った、ハッセルバック料理のレシピです(^^)

玉葱はじっくりと火を通す事で、甘みが増しとろりと美味しく頂けるお野菜。しかし、まん丸の玉葱の中までじっくりと火を通すには、案外時間がかかってしまうものです。

そんな玉葱には、繊維に沿ってハッセルバック風に切り込みを。間にベーコンなどを挟み入れて火を通す事で、素早くしっとりと、甘い玉葱料理が出来上がりますよ♡

マヨネーズを付けるも良し!ポン酢を掛けてあっさり頂くのも美味しいです!

ハッセルバックのレシピ④ハッセルバックアップル♡

最後は、デザートメニューのレシピをご紹介♡これからの季節、スーパーなどで多く出回るりんごをハッセルバック風にアレンジした、お手軽焼きりんごです!

しっかりと洗ったりんごの芯部分をくり抜き、ハッセルバックポテトを作る要領で、細かな切り込みを入れていきます。

切り込みの上からバターとお砂糖、お好みでシナモンやレーズンなどを擦り込ませ、アルミホイルで包み、190度のオーブンで30分。

焼き上がりのハッセルバックアップルの香りは、最高!切り込みにしっかりとお砂糖やバターが染み込むので、どこを食べても均等に美味しいのが嬉しいですね!

いかがでしょう?
ジャガイモだけでは無く、様々な食材で代用する事が出来る、ハッセルバック料理。
火の通りが早くなり、調理時間が短縮されるだけでは無く、切り込み部分にしっかり食材を挟み込むことで、美味しさも何倍にもアップ!見た目も美しく、食卓が華やかになりますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。