原因は○○だった!梅雨に肩凝りや腰痛が酷くなるワケと解消法とは

雨が降ると古傷が痛む、という方もいますよね。

特に梅雨の入り始めには、肩こりや腰痛などの関節痛がひどくなる……という方も多いのではないでしょうか。

ではなぜ、天候によって痛みが変わるのでしょうか?そのワケと解消法をご紹介します。

梅雨に体が痛む理由とは?

梅雨になると起こる気圧の低下が、体に影響を与えます。

気圧が低い状態が続くと、炎症物質の「ヒスタミン」の分泌が多くなり、そのために肩こりや腰痛、頭痛などがひどくなる、と言われているのです。

低気圧下では血行やリンパの流れも悪くなるため、なかなかその症状が改善しにくくなるそう。

また、気圧の急激な変化を内耳が感じとると交感神経系が活発に働く、という研究結果もあります。

交感神経の活動が高まると、体の感覚が鋭敏になります。

つまり、痛覚の閾値(いきち)も低くなり、これまでは気付かなかった程度の痛みも感じるようになってしまうのです。普段は気にしていない古傷が痛むのは、これが原因。

さらに、いったんある部分に痛みを感じると、体は“戦闘モード”に入り、交感神経が活発になったままに。

そうなると、次第に他の部分も痛みを感じ、体調までもが悪くなるという悪循環が起こってしまうのです。

“梅雨だる”と言われる症状も、こういった自律神経系の働きが大きく関与していると言われています。

梅雨の体の痛みを和らげるには……

梅雨に起こる体の痛みの緩和には、自律神経の乱れを整えることが有効です。

まずは、日常のリズムをしっかりさせることが大切。

人間は、活動している日中は交感神経が優位となっていますが、体を休める準備に入る夕方から夜にかけては、副交感神経が優位になります。

この毎日のリズムを崩さないよう、朝起きたら日の光を浴び、夕方からはゆったりと過ごすことを意識してみましょう。

そして、梅雨時は交感神経がいつもより活発化していることが痛みの主な原因なので、副交感神経を優位にするような行動を取り入れてみましょう。

手軽なのは「深呼吸」を使うこと。

交感神経が優位になると呼吸が浅く早くなるのですが、面白いことに、副交感神経が優位な状態で意識的に呼吸を浅くしても、交感神経が優位にチェンジしてしまいます。

つまり、呼吸と自律神経はお互いに影響しあっているのです。

副交感神経を働かせたい場合は、深く、ゆっくりとした呼吸をしてみましょう。特に痛みが気になる時には、深呼吸をすると良いですよ。
自律神経は、ホルモンバランスとも深い関わりがあるため、女性は男性以上に気圧の影響を受けやすいと言われています。

梅雨には、肩こりや腰痛だけではなく、生理痛もひどくなりやすいので、痛みや不調を感じたら、ゆったりとした呼吸を意識して下さいね。

肩凝り 原因 解消法 梅雨 痛み 自律神経

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる