ジメジメ雨の湿気でニオイやダニが気になる……洗濯の悩みを解消!

子育て・ライフスタイル

台風も到来し、雨の日が続く秋のはじめ。この時期、主婦として一番困るのは、やっぱりお洗濯ですよね。

部屋干しをすると、どうしても気になるのがニオイ。しかも、ジメジメした湿気でダニも増えているかも?!

この時期のお洗濯悩みを解決する方法をご紹介します。

洗濯ものに関するお悩みはさまざま……

きちんと汚れが落ちているか……ということはもちろん、それ以外にも洗濯に関する主婦の悩みはさまざまです。

・きちんと除菌されているのか

・布団にダニが残ったりしていないか

・雨続きによる部屋干しのニオイ

などのお悩みの中でも、生乾きのニオイはとても気になりますよね。

これらのお悩みを、まずは原因となる部分から解明していきましょう。

洗濯のお悩みを解消▶︎衣類のニオイの原因は?

そもそも、しっかりと洗っているはずなのになぜ、衣類が臭ってしまうのでしょうか。

その原因としては、以下のものが挙げられます。

①ニオイの原因となる菌がついている
②汚れ残り
③水分(生乾き)
④体温や室温などによる蒸れ

このように原因はさまざまですが、ニオイを解決するには、とにかくしっかりと菌や汚れを落とすことが第一。

きちんと洗っているつもりでも、見えない皮脂汚れなどが残っていると、ニオイの発生につながってしまいます。

また、湿度の高い環境などで長時間干し続けると、洗濯で落としきれなかったニオイの原因となる菌が、どんどん繁殖してしまいます。

しっかりとニオイの原因菌が洗濯で落とせていれば、部屋干しのニオイは発生しないのです。

洗濯のお悩みを解消▶︎しぶといダニの原因は?

ダニは、高温多湿を好む生き物です。約25~30度の温度、65~85%の湿度環境は非常にダニが発生しやすく、これは人が過ごしやすい場所と似た環境。

つまり、私たちが過ごしやすい環境が、ダニにとっても住みやすい環境ということになります。

ダニの発生は、湿度が上がる5月からがピーク。

しかし近年の日本では、暖房と加湿器を両方使い、寒い冬には換気をあまりしないというご家庭も多いですよね。

そのため、冬でもダニが繁殖しやすいのだとか!

さらに恐ろしいのは、ダニの繁殖力です。ダニは、死ぬまでに50~100個以上の卵を産み、ほんの2ヶ月ほどで1万匹にも増えるといわれています。

布団やカーペット、ソファなどはしっかりと掃除をして、ダニを棲みつかせない、繁殖させないことが重要です。

洗濯のお悩み解決に重要なのは○○だった?!

前述のとおり、洗濯物のニオイやダニ悩みを解消するには、ダニの餌となる菌や汚れの除去、生乾き状態などを防ぐことが必要です。

そこで、しっかりと菌や汚れを落とすのに有効なのが「温水洗い」。

洗濯機で皮脂汚れを落とす際、その融点は約37度といわれており、水温が低いと洗浄力は低下してしまいます。

つまり、しっかりと汚れを落とすためには、40度以上の温水での洗濯が必要ということ。

このように、実は洗濯において使用する水の「温度」は非常に重要なのです。ニオイ原因やダニの除去にも役立ちます。

洗濯のお悩みを解消▶︎目的別♪洗濯に最適な水の温度とは?

洗濯を行う上で、その目的によって変わる、それぞれの適温を知っておきましょう。

通常の洗濯水は約10〜15度の場合が多いですが、しっかりと汚れやニオイを落としていくには、下記の温度が適しているようです。

約30度:衣服の傷みを押さえつつ、やさしくしっかりと洗える温度。おしゃれ着向け。

約40度:皮脂が溶け出す温度。汚れをしっかりと落とし、ニオイの発生を抑える。

約60度:除菌や消臭効果が高い温度。白い衣服やタオルなどには高温洗浄がオススメ。

効果的に洗濯を行うためには、洗濯槽を回しているあいだ中、上記の温度をしっかりと保つ必要があります。

付けおき洗いなどを行う際にも、温度が下がらないよう保つおくことで、効果を上げることができます。

洗濯機の温水モードを上手に活用し、温度を保って洗濯を行ってみてくださいね。

洗濯のお悩みを解消▶︎ダニを除去する方法はたった2つのみ!

アレルギーの原因にもなり得るダニを撃退するには、なんと2つしか方法がないのです。

その方法とは「洗い流すこと」と、「吸引すること」。

しかしダニは、非常に生命力が強く、生きている状態では洗濯物にしがみつき、ただ洗っただけでは離れないのだとか。

ここで大きな効果を発揮するのが、「熱を当てること」!

生きたダニは、50度以上の熱を20〜30分当てることで動きが止まります。その状態で洗浄することで、効果的にダニを撃退することができるそうです。

つまり、寝具などは洗濯しただけではダニを退治することが難しいということ。

洗濯前に50度以上の温風を当てたり、高温乾燥機能などを使うと良いでしょう。

自宅でできるニオイ・ダニ対策法

気になるニオイやダニの原因や除去に必要な項目を理解したら、今すぐ自宅でもできる対策法を試してみましょう!

①洗濯物はすぐ洗う・干す

汚れた洗濯物には、菌がたくさん。しかも、時間が経つほど増殖していきます。

汚れ物はすぐに洗うよう心がけ、生乾きの状態で放置せず、すぐに干すことが重要です。

②洗濯の温度に気をつける

ニオイ・ダニの除去には洗濯の温度が関係してきます。

高温を保てる機能性洗濯機を使用し、気になる衣類には温水洗いを行い、除菌効果を高めましょう。

③寝具は1週間に1度洗濯を!

ダニの寿命は約2~3カ月といわれていますが、その間、1日に1~3個ずつ卵を産み、どんどん繁殖していきます。

卵が成虫になるまでの期間は2週間なので、1週間に1回程度、寝具を正しい方法で洗濯することで、ダニの繁殖を防ぐことができるでしょう。

洗濯機本体の見直しも大切!

最後に、ニオイやダニの問題解決にとても重要なのが、洗濯機本体の見直しです。

いくらしっかり洗濯を行っていても、洗濯機本体が汚れていては、汚い水で洗濯をしていることになってしまいます。

定期的に、洗濯機自体の洗浄を行うようにしましょう。

洗濯機に樽洗浄コースがある場合にはそちらを使用したり、洗濯後に乾燥運転をさせることで、樽の中の湿気をとり、菌の繁殖を防ぐことができますよ。

手強いダニをしっかりと除去してくれる機能は、とても魅力的です。小さいお子さんがいるご家庭などでは、特に嬉しい機能ですね。

ダニやニオイの洗濯悩みと、賢く戦っていきましょう!